インタビュー

スペシャリスト

株式会社 ラティーナ

学生時代はサッカーに打ち込むも、ケガで競技引退。学業を終えると大手証券会社に就職し、経験を積んだ後1994年に(株)ラティーナを創業する。企業向けの総合コンサルティング事業で成功を収めつつ、近年はスポーツ界に貢献するための活動も開始。2019年には資産運用コンサルティングのOMEGAJAPAN(株)も立ち上げ、わずか数年で大きな成果を上げている。

株式会社 ラティーナ / OMEGAJAPAN 株式会社
住所 〒488-0838
愛知県尾張旭市庄中町1-8-1
URL https://www.rati-na.com/

総合コンサルティング事業で成長を続け、現在はスポーツ振興にも力を注ぐ(株)ラティーナ。社長の菱川氏は、スポーツこそが日本の明るい未来を形成すると信じ、独自の活動を推し進めている。「未常識」へ挑むその哲学に、元プロサッカー選手の小倉隆史さんが迫った。


資産運用で日本のスポーツ界を変革

小倉 菱川社長は、企業をサポートする総合コンサルティング事業を手がけられ、近年はスポーツ界を盛り上げる事業に注力されているとか。一見、畑違いの分野に感じられるのですが、まずはその辺りの経緯から教えていただけますか?

菱川 私は学生時代はサッカーに打ち込み、大学もサッカー推薦で名門校に進学予定でした。しかし足のケガが原因で一般入学となり、残念ながら競技人生もそこで終えることに。再起を図るべく、卒業後は大手証券会社に就職して金融のノウハウを2年ほど学び、1994年に独立して当社を創業しました。それからは大手飲食店の上場に携わるなど、多様に事業展開をしつつ、「ベンチャーならではのおもしろいことをしたい」とずっと考えていて―そんな折、中学生になる息子がドイツのクラブ下部組織の数チームからオファーをいただいたんです。

小倉 そのオファーが、菱川社長にとっても転機になったようですね。

菱川 ええ。息子と一緒に渡独した私は、人々の生活にサッカーが根付いていることに大きなカルチャーショックを受けました。特に驚いたのは、地域の人たちが当たり前のようにクラブに寄付をしていること。また、海外ではチームの収益をファンドで運用し、選手の年俸や引退後の年金にあてていると知りました。これは、どちらも日本のプロスポーツ界がまだ取り組めていないことなんですよ。そこで私は2019年にOMEGAJAPAN(株)を新たに設立し、資産運用コンサルティングに特化したサービスを提供することで、日本のスポーツ界を運営面から変えていこうと動き始めました。

1 2


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則