インタビュー

建築

城田建築

かつて音楽業界で活動するも、20代半ばの頃に建築業界へ転向することを決める。辛酸をなめながらも歩みを進め、腕を磨くと同時に独立を意識するように。程なくして三重県にて、建築・リフォーム事業を手がける「城田建築」を立ち上げた。

城田建築
住所 [事務所]〒514-0101
三重県津市白塚町3323-13
[工場]〒511-0944
三重県桑名市芳ヶ崎917-18
URL https://shirota-kentiku.com/

小倉 三重県津市を中心に、建築業を手がける「城田建築」さん。まずは、城田代表の歩みをお聞かせいただけますか?

城田 もともと私は音楽業界で活動していたものの、20代半ばを過ぎた頃に建築業界へ転向しました。業界に入ったばかりの頃は、ケガを負ったり、道具もわからず釘すら打てなかったりしてつらいことだらけでしたね。しかし、できることが増えてきた時期に、「自分は今までと同じくある程度で満足して終わっていくのか、それともいっぺん上を目指してみるか?」と考え、いわば今までの自分への挑戦のような形で独立しました。

小倉 では、「城田建築」さんの事業内容についても詳しく教えてください。

城田 現在はリフォーム工事をメインに手がけていますね。他にも新築工事からリノベーション工事にも対応しています。当社は大工工事だけではなく、水回りから外構工事まで、住宅に関する工事を総合的に承っているんです。

小倉 現在は代表も現場に出ていらっしゃるのでしょうか?

城田 はい。昔から同じ業界で働いている方々と協力して進めています。私がこの業界に入った頃から一緒に仕事をしていた方や、独立してから初めて業務委託した職人さんとはもう長い付き合いなので、信頼関係もしっかりと構築されているんですよ。当社ならではの「チーム力」を駆使して、お客様にご満足いただけるよう、あらゆるご要望に応えてさせていただいています。

小倉 信頼できる仲間の職人さんたちと歩みを進めていらっしゃる、と。

城田 ええ。一緒に働いてくれている皆は固定観念にとらわれず、新たな発想を持っている職人が多いんです。そのため、常に時代に沿った新しいものを提供できる点は、当社の強みでもありますね。

小倉 住居に関しては悩まれるお客さんも多いでしょうし、そういった新たな視点を入れてもらえるとお客さんとしても嬉しいと思いますよ。ちなみに、城田代表がお仕事をされるうえで心がけていらっしゃることは何でしょうか?

城田 「元気良く」「きれいに」です。これはシンプルでごく当たり前のことです。しかし、より意識することで、お客様は気持ちがいいと思いますし現場の雰囲気が良くなり、その結果、良い仕上がりになると思います。

小倉 そういった細かい気遣いは、お客さんからの信頼にもつながると思います。では今後についてはいかがですか?

城田 今のところ、明確なゴールを決めているわけではないんです。とはいえ惰性で仕事をしているわけではなく、1年ごとに仕事を振り返り、毎年新しいことにチャレンジしていけるように目標を立てるということを繰り返しているんですよ。そんな風に挑戦を積み重ねていくことで結果的にどこまで成長できるのか、将来の自分が楽しみですね。

GUEST COMMENT

小倉 隆史

城田代表のお話をうかがい、仲間の皆さんとの信頼関係の強さが伝わってきました。自信を持ってお仕事をされている様子も感じられ、住宅のことなら何でも安心して相談できそうです。地元の方々に愛される建築業者として、これからも大きく成長されていってくださいね。応援しています!


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則