インタビュー

美容・健康

SILK DIONE

専門学校卒業後、大手下着メーカーの販売員や、エステティシャンを経て結婚し出産。やがて産後の体型に悩むように。その後補正下着メーカーに就職し、補正下着で体型の悩みが解消されたことで感動を覚える。離婚を機に同じ悩みを持つ女性に補正下着の良さを伝えたいと、2018年に「SILK DIONE」を立ち上げる。

SILK DIONE
住所 〒163-1030
東京都新宿区西新宿3-7-1
新宿パークタワーセンターN 30F
URL https://silkdione.com/

水野 石井代表は、さまざまな美容の分野でご活躍してこられたそうですね。

石井 大手下着メーカーにて販売員の経験から下着の大切さを実感し、その後エステティシャンを経て結婚し子どもを授かったのですが、産後の崩れた体型やハリのないバストに悩むようになりまして。その後、補正下着メーカーに就職し商品企画、開発、制作、販売を経験する中で自分の体型が整ってバストのハリもよみがえり感動したんです。「同じ悩みを抱える女性に補正下着で変われることを伝えたい」という気持ちが強まり、その後、化粧品会社に就職し法人営業やインストラクターとして美容に関わり離婚を機に2018年に起業を決意しました。

水野 なるほど。では、こちらの補正下着の特長を教えてください。

石井 特長は、「高級素材」「補正力」「着け心地の良さ」「国産低価格」です。今までの補正下着のマイナスなイメージを覆したいと思い、敏感な肌に当たる部分にシルクを採用し、一日中快適に着けられるように特殊立体パターンとリンパ節を圧迫させない構造にこだわっています。ブラジャーとショーツ、ガードルは3種類展開しており完全ボディメイクから冷え性対策のガードルもございます。私は約2万人の女性にフィッティングをしてきましたが、多くの方が間違ったサイズを着用されていたので、正しいサイズと補正下着を着用することで、崩れたボディラインでもよみがえられることを皆さまに実感していただきたいです。

水野 ちなみに、代表は化粧品も開発していらっしゃるとか。

石井 はい。私自身の肌が弱く、若い頃はニキビ顔で悩んでいたんです。起業前に勤めていた化粧品会社で最先端の美肌成分とエステの解剖生理学を学び、起業後に一生使いたいと思う化粧品を開発しました。国産ヒト幹細胞培養液やユリ根エキス等美肌成分を高配合し、アンチエイジングに特化した「リリウム」シリーズをサロン専売品で展開しています。

水野 サロンでお客さんと接する際に、心がけていることはありますか?

石井 お客様のお悩みをうかがいながら普段の生活スタイルを参考にサイズ選定をしています。試着時はガードルの履き方を私自身が実演してお客様の緊張をほぐすことを意識しています。

水野 自然体な石井代表ならば、お客さんも安心してお任せできますよ。

石井 ありがとうございます。試着されたお客様は、その場でご自身のボディラインの変化と着け心地の良さをご実感されるので、ほとんどのお客様がそのまま着けて帰りたいとお買い上げされます。実際にお客様からも「補正下着なのに苦しくない」「一生使い続ける」というお声もたくさんいただいているんですよ。これからも、事業拡大しながら一人でも多くの女性に感動を与え続けていきたいですね。

GUEST COMMENT

水野 裕子

「補正下着で得た感動をお客様にも与えたい」。この信念で突き進む石井代表からは、女性を美しくすることへの愛と情熱を感じました。一方で、とても柔らかい雰囲気の代表の接客ならフィッティングも安心でしょう。これからも補正下着の魅力を発信し続け、多くの女性を幸せに導いてくださいね!


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則