インタビュー

建築

フレックスワークス 株式会社

厨房機器メーカーや飲食店向けの備品や資材を扱う企業に従事し、長年にわたって飲食業界に携わる。コロナ禍の影響を受ける飲食店を支えるべく一念発起し独立。15年の経験を生かし2021年に独立を果たし、フレックスワークス(株)を立ち上げた。

フレックスワークス 株式会社
住所 〒114-0013
東京都北区東田端2-1-10
豊田ビル 103
URL https://flexworks.jp/

鶴久 店舗のデザインや施工、メンテナンスまで幅広い事業で飲食店を支えていらっしゃるフレックスワークス(株)さん。まずは、鎌形社長が起業するまでの歩みからお聞かせください。

鎌形 私はかつて厨房機器メーカーで働いていたんです。そこでは営業として個人経営の飲食店に関わっていました。その経験を経て、大手飲食チェーン店向けの備品・資材を扱う会社へ転職したんです。程なくして店舗の内装や施工を手がける新事業が立ち上げられ、私も携わっていました。この業界に入ってから、もう15年以上が経ちますね。

鶴久 飲食業界で多岐にわたるご経験を積んでこられた、と。独立されたのには何かきっかけがあったのでしょうか?

鎌形 コロナ禍の影響が数々の飲食店に及んだことがきっかけとなりましたね。大変な状況に立たされている方々をどうしたら応援できるのか、と考えたんです。そして、個人経営の飲食店から大手飲食チェーン店まで携わってきた自分の経験を生かして飲食業界へ恩返ししようと決め、独立に至りました。現在、当社では店舗内装の設計・施工、厨房機器の販売・設置・保守、消耗品の配送など、飲食店の営業に必要な業務を一貫して手がけています。

鶴久 ワンストップで何でもお願いできるフレックスワークス(株)さんは、多くの飲食店にとってありがたい存在だと思いますよ。仕事を進めるうえで大切にしていることがあれば教えてください。

鎌形 良好な人間関係の構築を心がけています。お客様のお話をうかがい、信頼関係をしっかり築き、お客様が何を求めていらっしゃるのかという真のニーズを引き出せることが強みでもありますね。

鶴久 なるほど。お客様との関係を重んじる姿勢で取り組んでいらっしゃる、と。そんな鎌形社長がやりがいを感じるのはどのようなときなのでしょうか?

鎌形 当社とお客様は運命共同体だと考えているので、お客様の店舗の売り上げが伸びると私も大きな喜びを感じますし、やりがいにつながっています。

鶴久 今後についてはいかがですか?

鎌形 今後は、サブスクリプション形式のメンテナンスサービスを開始するなどして、多くの飲食店の繁栄に貢献し続けていきたいと考えています。

鶴久 飲食業界での長年の経験を駆使して、これからもたくさんの飲食店の方を支えていってください!

鎌形 ありがとうございます。また当社は、「効果が色で見える除菌液」をビジネスパートナーと共同で開発し、特許を取得しました。通常のアルコール除菌剤だと、除菌はできても汚れは落とすことができないのですが、この除菌剤は、汚れも落としながら除菌することが可能なんですよ。これからはこの除菌剤を普及させて、皆様に愛用してもらえる商品に育てていきたいです。

GUEST COMMENT

鶴久 政治

例えるなら、飲食店の縁の下の力持ちと言えるフレックスワークス(株)さん。飲食店さんのどんなニーズにも多方面から応えられるよう体制を整えていらっしゃり、素晴らしいと思いました。除菌剤の開発も手がけられたとのことで、さらなるご活躍を私も期待しています!


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則