インタビュー

医療・福祉

整体院 ウレアス

学生時代はアパレル系を専攻するも、人との縁で整体の世界へ方向転換する。医療系専門学校に入学して柔道整復師の資格を取得し、整形外科勤務を経て独立。2021年7月に「整体院 ウレアス」を開院した。

整体院 ウレアス
住所 〒360-0847
埼玉県熊谷市籠原南1-318
平成ビル2F-A号室
URL https://seitai-ureas.com

鶴久 中村院長は、独立前は整形外科でご活躍されていたそうですね。まずは開院の経緯をお聞かせください。

中村 整形外科時代は、主に捻挫や骨折の治療・リハビリに携わっていました。しかし、病院では1人の患者様と接する時間にどうしても制約があり、「もっと時間をかけて適切なアドバイスをしたい」という思いが強くなったことから、当院を立ち上げた次第です。

鶴久 なるほど。一人ひとりとじっくり向き合われるために、新たな一歩を踏み出されたのですね。

中村 はい。現在は患者様の体を全体的に診ながら状況をしっかり把握し、その後に施術へ進める方針をとっています。当院では骨をポキポキ鳴らすような強い施術ではなく、筋肉の緊張や負担が原因で生じた「ゆがみ」を程よい力で調整し筋肉や関節の状態を正常に近付けます。

鶴久 優しい手技が中心なら、老若男女問わず安心して通院できそうです。患者さんと接する際には、どんなことを意識していらっしゃいますか?

中村 患者様がリラックスできるような雰囲気づくりをすることですね。体が緊張していると施術の効果も出にくくなってしまいますから、お話しする時の声のトーンや間の取り方、距離感などもかなり意識しています。中には、メンタル面が原因で体に不調をきたしている方もいらっしゃいますし、そうした場合には施術は軽めに留めて、問診をメインに行うような工夫もしているんですよ。

鶴久 人の体は年齢や生活、ライフスタイルによって千差万別でしょうから、そこに合わせて施術を行うというところに院長の経験値が生かされていると感じます。

中村 私が持てる技術と知識を駆使することはもちろん、健康な体づくりには患者様が自身の体を正しく理解し、現状を自覚していただくことが重要だと思います。よく、テレビやネットでさまざまな運動や体操に関する情報が取り上げられていますが、何が正しいのかは結局のところ人それぞれです。だからこそ、私が寄り添いながら患者様の状態を見極め、取り入れたほうが良いこと、逆にしないほうが良いことをアドバイスさせていただいているのです。

鶴久 治療院に加えて、健康に関する相談所としての役目も果たしていかれると。今後ますますの飛躍が楽しみです!

中村 ありがとうございます。この先は、院内のスペースで体操教室なども開き、体の動かし方を皆様にお伝えしつつ、痛みが出る前に防ぐことの重要性を広めたいですね。いつまでも「初心忘るべからず」の信念を大切にし、来院された患者様の健康を全力でサポートしてまいります。

GUEST COMMENT

鶴久 政治

対談後、私も中村院長に軽く施術をしていただいたところ、不調を感じていた腰がかなり楽になり、本当に高い技術をお持ちなのだと実感しました。落ち着いてお話しができるお人柄も魅力的で、患者さんは自然とリラックスした状態で施術を受けられると思いますよ。


amazonからのご注文
2022年5月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、2021年にプロ野球選手生活を終え、野球評論家として新たな一歩を踏み出した鳥谷敬さんがご登場!成長痛や左右転向による不調と向き合った少年時代、才能が大きく開花した大学時代、そして「野球=仕事」という哲学と徹底した自己管理のもと、数々の記録を打ち立てた現役時代と引退後の未来のことまで、その歩みを余すところなく語ってもらいました。ぜひお読みください!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 宮地 真緒 名高達男 鶴久 政治 水野 裕子 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則