インタビュー

サービス

株式会社 LINK HEART

工務店を営んでいた家に育ち、自身も20歳から父の下で働くように。着実に経験を積み、将来を見据えて宅地建物取引士の資格を取得しつつ、家業を出て不動産営業にもチャレンジする。妻に勧められたことを機に独立して物販事業を開始し、結果を出して2021年に法人化。現在は国内仕入れに特化して化粧品などを展開している。

株式会社 LINK HEART
住所 〒491-0932
愛知県一宮市大和町毛受字伝治腰6-2
URL http://linkheart-aichi.com/

平野 茂木社長は、かつて建築業界でご活躍されていたそうですね。物販事業で独立された経緯から教えてください。

茂木 私は20歳から工務店を営んでいた父の下で働き始め、宅建士の資格を取得してからは不動産営業の仕事にも携わっていました。ただ、次第にノルマを追い続ける働き方に疑問を感じるようになり、道を模索していた時に妻から「これなら自分のペースで進められるんじゃない?」と勧められたのが物販事業だったんです。そこで、コンサルタントの方に師事してノウハウを学びつつチャレンジしてみたところ、想像以上に結果を出すことができましてね。さらにビジネスの規模や取引先を広げるべく、2021年1月に法人化したという流れです。

平野 どの世界でも、結果を出すのは大変なことです。新しい道で成功できた秘訣は何だったと思われますか?

茂木 かつての私は、「仕事は完璧にこなさなければならない」と構えてしまうところがあったのですが、あるメンターの方から「力を入れなくていい、頑張らなくていい」と助言をいただけたことで、仕事を楽しむ重要性に気が付けたんです。その後は仕事中の視野が広がり、今まで見えなかったこと、気付けなかったことにも心配りができるようになったと感じています。また、「疲れているならもう休んで明日に備えたら?」とさり気なく私が無理をしないように声を掛けてくれる妻の存在も大きかったですね。

平野 ご自身の成長と奥様のサポート、2つの歯車がかみ合ったのですね。では、現在どのような商品を取り扱っていらっしゃるのかについても教えてください。

茂木 当社では国内仕入れに特化しており、化粧品やフレグランス商品、文具、キッチン雑貨、食品・飲料など、多種多様な商品を取り扱っております。今はネット販売のみですが、いずれはお客様に足を運んでいただける実店舗を構える構想もあるんです。その際はカフェを併設するなど、地域のコミュニティスペースをつくれればと考えています。いずれは培ってきた経験を生かし、建設業はもちろん不動産業にも注力したいです。

平野 地元に住む人たちも、そうした触れ合いの場があると喜ぶと思いますよ。

茂木 私自身、生まれ育ったこの街には本当に感謝していて、骨を埋めたいと思うほどの愛着があります。だからこそ、私はこの会社をただ大きくするのではなく、地域密着で皆様から愛される存在にしたいんです。「LINK HEART」という社名にも、人とのつながりを大切にしたいという私の思いを込めました。

平野 展望も開けていますし、茂木社長のこれからの挑戦が楽しみですね!

茂木 ありがとうございます。42歳で新たな道へ進み、タイミングは遅かったかもしれませんが、どこかで踏み出すべきとは思っていたので、後悔のない選択ができて良かったです。一度きりの人生を楽しむために、これからも自分の足でしっかりと歩んでいこうと思います。

GUEST COMMENT

平野 謙

茂木社長はとても真面目な方で、きっと財を成しても誠実なお人柄はずっと変わらないだろうと感じました。そんな社長が何かに挑戦される時には、必ず周りの人が助けてくれるでしょうし、ビジネスも成功すると思います。最高のパートナーである奥様を大切に、これからもご活躍を続けられてくださいね。


amazonからのご注文
2022年5月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、2021年にプロ野球選手生活を終え、野球評論家として新たな一歩を踏み出した鳥谷敬さんがご登場!成長痛や左右転向による不調と向き合った少年時代、才能が大きく開花した大学時代、そして「野球=仕事」という哲学と徹底した自己管理のもと、数々の記録を打ち立てた現役時代と引退後の未来のことまで、その歩みを余すところなく語ってもらいました。ぜひお読みください!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 宮地 真緒 名高達男 鶴久 政治 水野 裕子 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則