インタビュー

サービス

Bloom Life

伊豆大島の高校で海洋学を学び、卒業後はマリーナに就職する。その後も10年近く海に関する仕事に携わり、やがて物流業界へ。管理職から一念発起し、2018年6月に、ハウスクリーニング業者「Bloom Life」を立ち上げた。

Bloom Life
住所 〒232-0007
神奈川県横浜市南区清水ヶ丘222-1
URL https://bloomlife-yokohama.com/

飯田 横浜を拠点に、水回りやエアコンをはじめとしたハウスクリーニングを手がけられている「Bloom Life」さん。2018年に設立されたということですが、それ以前の船木代表はまったく別の業界にいらっしゃったそうですね。

船木 そうなんです。私は高校で海洋学を学んでいたこともあり、社会人一歩目はマリーナで働いていました。ヨットの操縦に携わり、その後も10年近く海に関わる仕事に従事していたんです。やがて物流業界へと転身し、15年ほど経験を積みました。そこでは管理職を務めさせていただいたのですが、昇進すればするほどチャレンジしたいという気持ちが芽生えて独立という道を選びました。以前の会社の仲間やお世話になった方々と今も良い関係を続け、仕事の応援もしていただいております。

飯田 管理職にまで就かれていたということであれば、そのまま安定した環境でキャリアを築かれる選択肢もあったかと思います。そこから、異業種であるクリーニング業に挑戦されたのは何か理由があったのでしょうか?

船木 エンドユーザーの顔が見れる仕事がしたいなと思ったんです。以前はお会いする機会はほとんどなかったのですが、ハウスクリーニングの仕事はお客様の喜んだり、感動されたりする声が直接聞けます。「こんなにきれいになるの!」や「次もブルームライフさんに頼みたい」など言っていただけるので、仕事のやりがいにつながっています。独立することに不安もありましたが、どんな仕事でも、大事なのは人との関わり方や仕事の仕方、それさえブレなければ大丈夫だと考えていたんです。全力で取り組み「反省」はしても、「後悔」はしないというのが私のポリシーですので、「反省」を積み重ねた結果、今ではたくさんの高評価レビューをいただいております。

飯田 素敵なお考えですね。では、サービス内容についてもお聞かせください。

船木 当社はエアコン・洗濯機・キッチン・浴室等の水回りや店舗をメインに行っています。訪問の際には身だしなみやコミュニケーションはもちろん、仕事の質とスピードを上げられるように日々研究をしています。

飯田 代表のような誠実な方であれば、お客さんもきっと安心でしょう。最後に、今後のビジョンを教えてください。

船木 当社を立ち上げて、ようやく4年目を迎えました。「Bloom Life」とは、花が咲くように素敵な生活を送っていただきたいという思いを込めてつけました。今いるスタッフと、1件1件を大事にしながら、心のこもったサービスをご提供することで、お客様の人生に鮮やかな花を添えられるお手伝いをいろいろな分野で行っていき、感動をお届けしたいと思っております。

飯田 代表の、今後ますますのご活躍を私も楽しみしています。

GUEST COMMENT

飯田 哲也

安定したキャリアプランを捨て、自らが目指すものを追求された船木代表。お話をうかがい、非常に誠実にお仕事に向き合われている姿勢が伝わってきました。これからも、ぜひお客様の生活に彩りを与えられる仕事をしていってくださいね。これからのご活躍を期待しています!


躍進企業応援マガジンCOMPANYTANKご案内

amazonからのご注文
2022年11月号
COMPANYTANK 2022年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元関脇・安美錦の安治川竜児氏がご登場!25歳で右膝靱帯断裂、その後も度重なる大ケガに見舞われながらも不屈の「挑戦者魂」で復活し、関取在位歴代1位の記録を打ち立てた同氏に、親方としての心構えや、苦境を乗り越える方法、相撲で勝つために必要なことについて、ユーモアを交えながら語っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 宮地 真緒 矢部 美穂 名高達男 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則