インタビュー

建築

株式会社 篠崎興業

祖父の代から続く工務店を営む家に生まれ、10代から仕事を手伝う。一時は後継者となることに抵抗を感じ飲食業に身を置くも、父から経営危機を知らされ帰還。清算することになった会社の負債を返済すべく、手を差し伸べてくれた会社へ入って建設現場の経験を積み、独立。2012年に(株)篠崎興業として法人化を果たした。

株式会社 篠崎興業
住所 〒124-0012
東京都葛飾区立石5-24-8-101
URL https://shinozakikogyo.jp/

水野 篠崎社長は、独立までに波乱万丈の人生を送ってこられたそうですね。

篠崎 私は、祖父が創業した工務店の息子として生まれました。10代の頃から家業を手伝っていたものの、跡継ぎになるつもりはなく、社会に出てからは飲食業など別の世界で仕事をしていたんです。ところがある日、父から「会社の状況が厳しいから戻ってきてほしい」と連絡があり―助けに行くことになったものの、私が財務状況を確認した時にはすでに大きな負債があり、最終的には会社を畳むことになってしまいました。

水野 大変なご経験をされましたね。その苦境をどう乗り越えられたのですか?

篠崎 債権者集会で頭を下げ続ける私に、ある建設会社の常務の方が「うちで1年だけ修業して、また独立しなさい。負債はそれまで待つから」と声を掛けてくださって。私はその時すでに30歳と遅いスタートでしたが、マンション建設の現場でがむしゃらに仕事を覚えました。そうして1年で個人事業主になると、その3年後には法人化。2021年には創業10年目を迎えられました。

水野 すべてを背負われ再起を図られたところに、社長の意志力を感じます。

篠崎 「いつか大きな会社にして、周りを見返してやりたい」という一心で努力してきました。今はスタッフも17名まで増え、大型ビルやマンションの鉄筋工事、土木工事、さらには全国各地の太陽光発電所の施工なども手がけています。

水野 その中で、御社ならではの強みはどこにあるとお考えでしょうか?

篠崎 チームの結束力はどこにも負けないと自負しています。私たちは複数の現場を同時にこなすこともあるのですが、1つの現場が早く終わると、全員が遅れている他の現場へ駆けつけて手伝ってくれるんです。仕事の進め方で意見をぶつけ合って熱くなることがあっても、すぐに収めて自分たちで解決しますし、皆は私にとって家族同然の存在ですね。

水野 (株)篠崎興業さんには、技術面はもちろんのこと、人としても成長できる環境が整っているようですね。

篠崎 そう言っていただけると嬉しいです。私からも、技術的なことよりは施工に臨む心構えを指導するようにしています。現場では何があるかわからないですから、決して油断せず、プライドを持って仕事をするよう徹底しているんです。

水野 では最後に、会社の将来のビジョンについても力強く語ってください。

篠崎 私たちは、お客様から「この仕事はあなたたちでなければできなかった。ありがとう」と声を掛けていただいた瞬間の喜びを糧に汗を流しています。これからも、お金もうけより自分の仕事に命を燃やせる仲間を増やしたいですね。社内で独立を目指すスタッフがいれば積極的に応援しますし、1つのグループとして皆で成長し続けられればと思います。

GUEST COMMENT

水野 裕子

苦境に立ち、プレッシャーを乗り越えながら1からチームを築き上げてこられた篠崎社長。数々の苦労を顔に出さず、どっしり構えていらっしゃるからこそ、スタッフさんたちは安心して仕事に打ち込めるのでしょうね。この先も抜群のチームワークを発揮し、飛躍されてください!


amazonからのご注文
2022年5月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、2021年にプロ野球選手生活を終え、野球評論家として新たな一歩を踏み出した鳥谷敬さんがご登場!成長痛や左右転向による不調と向き合った少年時代、才能が大きく開花した大学時代、そして「野球=仕事」という哲学と徹底した自己管理のもと、数々の記録を打ち立てた現役時代と引退後の未来のことまで、その歩みを余すところなく語ってもらいました。ぜひお読みください!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 宮地 真緒 名高達男 鶴久 政治 水野 裕子 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則