• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 合同会社 Blue Wings 代表社員 / 証券外務員一種 / FP2級 市村 昭憲

インタビュー

スペシャリスト

日本人の金融リテラシーを向上させたい

宍戸 一緒に問題解決の道を探り、より良い方向へと導いてくださる代表のコンサルティングは、クライアント様も大いに助かるでしょうね。こちらではどのようなご相談が多いのでしょうか?

市村 お客様によって変わるのですが、「老後資金のために対策しておきたい」「どんな選択肢があるのか知りたい」という初歩的な質問から、「利回り〇%出る投資用物件を紹介してほしい」「節税しながら高利回りで運用したい」などの専門的な質問まであります。そのようなお悩みに対して、証券・保険・不動産など、さまざまな業界で活躍する超一流の人材と組んだチームで最適な回答をご提供しています。私とプロ中のプロが選び抜いた良質な情報を、圧倒的なスピード感でわかりやすくお届けしているんです。

宍戸 それにしても、なぜそこまで人のために尽くしてくださるのでしょうか?

市村 会社員時代に、借金を250万円つくってしまったこともありましたし、多くの金融マンと出会ってきた中で、金融の世界は、お客様の状況云々よりも契約させることを第一優先としている方が多いことに気付きました。特に、保険の見直しの際、まったく契約する必要のない保険に加入されている方も多くいらっしゃいます。日本人の金融リテラシーが低いのは、こうした金融マンが多く存在していることも影響して、お金に対する勉強や理解に蓋をし、投資は危ないものというイメージを刷り込ませているのだと思います。そのため、私はお客様の利益第一優先で考え、実績も豊富な超一流の金融マンチームを結成しました。

宍戸 その夢を実現した今、代表は大きな充実感に包まれているのでしょうね。

市村 はい。お客様から「市村さんと出会えて良かった」とおっしゃっていただける毎日に生きがいを感じています。

宍戸 今後についてはいかがですか?

市村 この先も自分の力を試し続け、ますますお客様に信頼していただけるよう名を上げていきたいですね。そのためには、多くのお客様と対峙して、その方に適したアドバイスをしていきたいと思います。「iDeCoが良い」「NISAが良い」などいろいろなメディアで発信されていますが、何が最適かはその方の年齢、家族構成、実現したいライフプラン、金融資産、収入、生活費などで大きく変わります。地道な活動にはなりますが、お客様の状況に適した手段選びのお手伝いをしていきたいと思っています。そして、日本人の金融リテラシーを向上させたいというのが当面の目標です。

GUEST COMMENT

宍戸 開

連戦連勝の人生ではなく、いきなり250万円の借金を背負いお金について学んできた市村代表。だからこそ、そのコンサルティングには誰もを納得させる真実が含まれているのだと思います。とてもフランクでお話ししやすい代表のもとには、この先も多くのクライアントさんが集まることでしょう。これからのご活躍を応援しています。

1 2


amazonからのご注文
2022年1月号
COMPANYTANK 2022年1月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、前読売巨人軍監督で、現在は野球評論家として活躍中の高橋由伸さんがご登場!“天才”と称され、プロ野球界のスター選手であり続けながらも、度重なるケガと向き合ってきた野球人生や、現代の天才左打者・大谷翔平選手のことなど、読み応えたっぷりのインタビューとなっております。どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 宮地 真緒 矢部 美穂 名高達男 水野 裕子 鶴久 政治 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則