• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 田中組 TNKグループホールディングス 代表 / 会長 田中 敏之

インタビュー

建築

田中組 TNKグループホールディングス

建設業者を経営する父の背中を見て育ち、幼い頃から現場仕事を手伝う。学業を終えると飲食業、中古車業や広告代理店業などさまざまな業界に携わるも、父の死をきっかけに建設業界に進むことを決意。修業を経て「田中組」を立ち上げ、父が創業した「田中スレート商事」をグループ会社にするなど躍進を続けている。

田中組
TNKグループホールディングス
住所 〒253-0082
神奈川県茅ケ崎市香川4-30-31
URL https://tnkgroup-hd.com/

水野 まずは、田中代表のこれまでの歩みからお聞かせください。

田中 私は建設業を手がける父の背中を見て育ちました。幼い頃から仕事を手伝っていましたが、家業を継ごうとは思っていなかったんです。それで、学業修了後は飲食業や中古車業など建設業とは違う業界に身を置いていました。しかし、私が23歳のときに父が亡くなってしまったんです。そのことをきっかけに建築業界に進むことを決意し、数社にわたって職人としての修業を積んだ後、2020年に「田中組」を立ち上げました。

水野 なるほど。田中代表は、「TNKグループホールディングス」として、グループ会社まで抱えられているとうかがいました。

田中 そうなんです。私が長く土木業に携わっていたこともあり、当初は土木をメインに展開していました。その中で、総合建設業者として全職種に携わり、大きな企業として成長させていきたいという思いを込めて、ホールディングス化を果たしたんです。父の遺志を継ごうと父が創業した「田中スレート商事」をグループ会社として傘下に入れたんですよ。

水野 代表が、お父様を思う強い気持ちが伝わってきます。では、現在は総合建設業者として幅広い工事に対応していらっしゃるのでしょうか?

田中 はい。当社では神奈川県茅ヶ崎市を拠点に、土木工事をはじめ、水道工事や解体工事といったさまざまな工事を手がけています。打ち合わせの際には、「お客様の求めていることは何か」を考えつつ、最適な仕上がりをご提供できるよう心がけているんです。

水野 心強いお言葉です。そこまで対応していただける事業の幅が広いと、お客様も安心でしょう。

田中 そう言っていただけると嬉しいですね。今後は建設業はもちろん、土木、飲食、古物商、ITなど、これまで私が経験してきたすべての職種を事業として取り入れていきたいと思っています。

水野 常に向上意欲を持って取り組んでいらっしゃる姿勢がとても素敵です。

田中 ありがとうございます。私は「企業」という型にはまらない経営をしていきたいと考えているんです。それに、事業の幅が広がれば今いる社員も、新しく入社してくる社員も、自分に合った働き方ができますよね。自分にはどんな働き方が合うのかや、人それぞれやりたいことは違いますから、その受け皿を社内で構築できればと意欲を燃やしているところです。

水野 社員さんのことを大切にされている様子が伝わってきます。

田中 事業の輪を広げていくことで、家族同然の仲間と一緒に長く仕事をしていきたいと思っているんです。「家族」と捉えられるような人たちと共に、働けることはとても幸運なこと。これからも仲間と企業努力を続けてまいります。

GUEST COMMENT

水野 裕子

インタビューに同席されていた田中代表の奥様は、代表の働く様子を間近で見ていて「生き生きと働いているのがわかります」とおっしゃっていました。最高のパートナーも得て、今後のビジョンも明確で行動力もある代表なら、この先も会社をどんどん大きくしていかれることでしょう。私も応援しています!


amazonからのご注文
2021年9月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ドラマやバラエティ番組で活躍中の女優・田中道子さんがご登場!内向的だったという幼少時代から、仕事における信念、地方活性化への思いまで、ここでしか読めない内容がたっぷりのインタビューです!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 駒田 徳広 鶴久 政治 矢部 美穂 名高達男 水野 裕子 宮地 真緒 杉田 かおる 畑山隆則