インタビュー

建築

セリテック 株式会社

神奈川県逗子市出身。中学卒業後から解体業やとび職などを経験し、18歳でアスベスト除去工事を専門にする。26歳で独立を果たし、2020年にセリテック(株)を立ち上げた。圧倒的な技術とスピードが業界で一目置かれ、現在は若手の育成に力を注ぐなどさらなる躍進を続けている。

セリテック 株式会社
住所 〒194-0012
東京都町田市金森4-7-1
シャトーレ南町田A3
URL https://seritec.jp/

宍戸 まずは、芹澤社長が建設業界に飛び込むまでのご経歴を教えてください。

芹澤 私は、中学卒業後から解体工事の会社に勤務していました。18歳のとき、知人の紹介でアスベストの除去工事を始めたんです。次第に独立を考えるようになり、勤め先の会社に班をつくって社内独立のような形になりました。そして、26歳で独り立ちを果たし、2020年に当社を立ち上げた次第です。

宍戸 お若くして念願の独立を果たされたわけですね。独立当初は大変なこともあったのでは?

芹澤 ええ。現場中心に汗を流してきた私にとって、会社の経営はわからないことばかりでした。そのため苦労もしましたが、現在はスタッフ1名と専属の協力会社に所属する10名の職人と共に全国を飛び回っているところです。

宍戸 では、事業内容やセリテック(株)さんならではの特長を教えてください。

芹澤 当社ではアスベスト対策事業をメインに、解体事業や足場工事事業も手がけています。アスベスト対策事業では、アスベストの調査・分析から対策工事まで一貫して行っており、作業の早さと正確さに絶対の自信を持っているんです。例えば、ショッピングモールなど大規模な現場では他社と同時に入ることもありますが、他社が20人で施工するところを私たちは10人で納めることができます。当社の自慢はスタッフのやる気と高い技術力自負していますよ。

宍戸 それは素晴らしい!でも、どうして社内のスタッフさんは1名しかいらっしゃらないのでしょうか?

芹澤 それは、スタッフにどんどん独立してもらっているからです。実力を付けた若いスタッフを当社に抱え込んでしまうのはもったいない。それよりも、一人ひとりが自分の城を持ち、木が枝を伸ばすように仲間を増やしていけば仕事も広がると考えているんです。

宍戸 確かに独立すれば責任感も身に付くでしょうね。若いスタッフさんの将来まで見据える芹澤社長の方針は素晴らしいです。今後についてはいかがですか?

芹澤 私はすでにこの業界で12年のキャリアを積みました。いよいよ30代に突入し、これからの10年間で私が目標としているのは「芹澤」という名前をさらに広めることなんです。自分で育てた職人は私のことをよく知っていますが、現場で働く人間の誰もが知っている存在になることで、当社をさらに躍進させるつもりです。

宍戸 ご自身のお名前を信頼の証にするいうことですね。

芹澤 おっしゃる通りです。もちろん、そのためには最高の仕上がりで現場を納め、お客様に満足していただくことが大前提です。今後も私は「芹澤さんの弟子なら安心だ」と当たり前のように言っていただける職人を育成し、業界のレベルを引き上げていきます!

GUEST COMMENT

宍戸 開

「スピード・正確さには絶対の自信があります!」とおっしゃっていた芹澤社長。そう断言できるのも、業界一筋に歩みながら、着実に事業を成長させてきたからこそなのでしょう。これからも、信頼できる仲間と優れた技術で最高のパフォーマンスを発揮し、活躍の場を広げていってください。


amazonからのご注文
2021年9月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ドラマやバラエティ番組で活躍中の女優・田中道子さんがご登場!内向的だったという幼少時代から、仕事における信念、地方活性化への思いまで、ここでしか読めない内容がたっぷりのインタビューです!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 駒田 徳広 鶴久 政治 矢部 美穂 名高達男 水野 裕子 宮地 真緒 杉田 かおる 畑山隆則