インタビュー

建築

株式会社 JoyCrew

学生時代は野球に打ち込み、学業を終えると不動産会社へ就職する。着実にキャリアアップを重ねるも、自分の力で新しいことへ挑戦したいという気持ちが高まり独立を決意。同じく起業を志していた弟と共に(株)JoyCrewを立ち上げ、現在は窓ガラスの飛散を防止し遮熱性を高めるフィルムの施工を手がけている。

株式会社 JoyCrew
住所 〒190-0021
東京都立川市羽衣町1-6-10
能城ビル2F
URL https://joycrew2020.net/

飯田 布施社長は、これまで不動産業界でキャリアを積まれてきたそうですね。独立の経緯から教えていただけますか?

布施 私は長年にわたり不動産会社に勤め、順調に歩んでいました。しかし、次第に「この先の人生も考えて新たなことに挑戦したい」という気持ちが芽生え始め、お客様に不動産を提供した後のアフターサポートにも興味があったことから、別業界で独立することを決意したんです。折しも、弟も起業を見据えて退職するタイミングだったので、「一緒にやろう」と声を掛けて、2020年にこの会社を立ち上げたという次第です。

飯田 ご兄弟で足並みをそろえて新しい一歩を踏み出されるというのは素敵ですね。では、現在どのような事業を手がけていらっしゃるのかも教えてください。

布施 私たちは、住宅の窓ガラスの飛散を防止しつつ遮熱性を強化するフィルムの施工を主に手がけています。スマートフォンの画面には保護フィルムが貼られていますが、それを窓ガラスに施す仕事、と考えていただくとイメージしやすいかもしれません。

飯田 なるほど。実際に施工をすることでどのような効果・メリットがあるのかについてもぜひお聞かせください。

布施 まず、何と言っても最大のメリットは安全面の向上です。窓ガラスの飛散を防止することで、防犯・防災につなげられます。万一、強い地震や台風などで割れてしまった場合も、破片による二次災害を窓ガラスフィルムが防いでくれるんです。実は、私の祖母は過去に竜巻被害に遭い、割れたガラスの破片が体に刺さって後遺症が残ってしまって―家族で対策をしておけば良かったという後悔があるからこそ、私たちはこうやって窓ガラスフィルムを施工することの重要性を説いているんです。

飯田 ご家族の苦い経験も未来へとつなげていかれようとするところに、社長の事業に懸ける信念を感じます。


布施 そう言っていただけると嬉しいです。また、窓ガラスフィルムには他にも紫外線や熱を遮断する効果があり、紫外線は約99%以上カット、室温は夏場でも5~6度下げることができるんですよ。これにより、オフィスであれば作業効率化やコスト削減に貢献できますし、過度なエアコンの使用を抑えることで地球環境の改善にもつながると考えています。

飯田 社会的意義の大きいお仕事なだけに、ぜひ多くの方に認知してもらいたいです。今後についてはいかがですか?

布施 「一度きりの人生だからこそ、前を向いてやりたいことに全力を注ぐ」。社名にも込めたこの思いを大切に、挑戦を続けていくつもりです。この先も私たちの理念に共感してくれる仲間を増やし、皆様のお役に立ってまいります!

GUEST COMMENT

飯田 哲也

「西日を抑えたい」「自然災害に備えたい」など、住まいに関するさまざまな要望に応えることができる窓ガラスフィルム。その施工に生き生きと飛び回る布施社長には大きな感銘を受けました。今後も同じ情熱を共有できるスタッフさんを育て、兄弟二人三脚で飛躍してください!


amazonからのご注文
2021年9月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ドラマやバラエティ番組で活躍中の女優・田中道子さんがご登場!内向的だったという幼少時代から、仕事における信念、地方活性化への思いまで、ここでしか読めない内容がたっぷりのインタビューです!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 駒田 徳広 鶴久 政治 矢部 美穂 名高達男 水野 裕子 宮地 真緒 杉田 かおる 畑山隆則