インタビュー

建築

株式会社 菊地塗装

代表取締役 菊地 栄一
住宅の木部のあく洗いや磨きを家業とする両親のもとに生まれる。学業修了後は塗装業界に進み、21歳のときに一旦家業へ戻る。程なくして塗装業者として独立し、1990年に(株)菊地塗装として法人化を果たした。

専務取締役 菊地 隆規
かつては料理人としての道へ進み、和食レストランで経験を積んだ。その中で魚アレルギーを発症し、今後の道を模索することに。栄一氏と同じく塗装業界へ進むことを決意し、家業へ参画した。

株式会社 菊地塗装
住所 [本社]190-0142
東京都あきる野市伊奈1569-9
[事業所]190-0154
東京都あきる野市高尾142
URL https://kikuchi-toso.com/

宍戸 (株)菊地塗装さんは菊地社長とご子息の隆規さんで事業を率いていらっしゃるそうですね。まずはこれまでの歩みからお聞かせいただけますか?

菊地(栄) 私は住宅の柱・梁などの木部をあく洗いし磨くといった事業を営む両親のもとに生まれたんです。学業修了後は塗装業界に足を踏み入れ、3年ほど修業をし、程なくして家業に戻りました。それから数年が経ち、23歳になったときに独立したんです。2021年で創業40年になりますね。

宍戸 それはすごい!開業当初から順調に拡大してこられたのですね。

菊地(栄) ありがたいことに独立してからすぐに仕事の依頼を多くいただけて、毎日朝から晩まで働いていましたね。

菊地(隆) 父が忙しく働いていた姿は、私も覚えていますね。また、私は学業を終えた後は調理師免許を取得していたこともあって、料理人として働いていたんですよ。ただ、あるとき魚をさばいていたところ突然魚アレルギーを発症してしまったんです。それをきっかけに他の道を模索し、父と同じく塗装業界へ進むことを決めました。そして、修業を積む中で先輩方からいろいろなことを学び、半年ほどで塗装の作業をさせていただけるようになりましたね。

菊地(栄) 隆規はとても頼もしい存在で、現在は専務として安心して現場を任せています。人当たりも良いので、お客様だけでなく職人さんたちからも非常にに信頼されているんですよ。
そして、時代が進むにつれて塗装業界も変化しているので、新しい感覚を持つ隆規にゆくゆくは事業を引き継いでいきたいと考えています。

宍戸 なるほど。今後も塗装業を軸にされていく予定なのでしょうか?

菊地(栄) そうですね。これまで、住宅だけでなく大型商業ビルの塗装や高速道路工事をはじめとした公共事業などの施工にも携わってきた経験があるので、積み重ねてきた技術を応用して仕事の幅を広げていければと考えています。

菊地(隆) 実際に現在はその先駆けとして、屋根や外壁などの外壁診断を行うと同時に防水工事や屋根、雨どいの補修工事なども請け負っているんです。さらには、キッチンやトイレの交換といったリフォーム関係のお仕事をさせていただくこともあります。新しいことには積極的にチャレンジしていきたいですね。

宍戸 お二人の挑戦心溢れるお話をうかがい、これからのご活躍がますます楽しみになりました。

菊地(栄) ありがとうございます。誠意をもってお客様や仕事と向き合っていれば、必ずプラスになって返ってくると思うので、今後も真摯な姿勢で仕事を続けていきたいですね。

菊地(隆) いずれは自社ビルを構えたいと考えているので、その目標に向かって私も誠実な仕事を続けてまいります。

GUEST COMMENT

宍戸 開

職人らしい堅気な部分と柔軟さを併せ持っていらっしゃる菊地社長。専務取締役を務める息子の隆規さんとのかけ合いから、和気あいあいとした社風が感じられました。そんなお二人が率いる(株)菊地塗装さんは、これからも大きく飛躍されていくことでしょう。今後のご活躍に期待しています!


amazonからのご注文
2021年9月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ドラマやバラエティ番組で活躍中の女優・田中道子さんがご登場!内向的だったという幼少時代から、仕事における信念、地方活性化への思いまで、ここでしか読めない内容がたっぷりのインタビューです!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 駒田 徳広 鶴久 政治 矢部 美穂 名高達男 水野 裕子 宮地 真緒 杉田 かおる 畑山隆則