インタビュー

美容・健康

リフレッシュサロン・スギヤマ

長く副鼻腔炎を患い薬で抑え込んでいたが、波動装置「カリスマ」との出合いで人生が一変。勤務先を定年退職後に同商品を使った「リフレッシュサロン・スギヤマ」をオープンする。施術の他に「カリスマ」の販売や後進の育成にも注力。全家庭への「カリスマ」の普及を目指す。

リフレッシュサロン・スギヤマ
住所 〒400-0105
山梨県甲斐市下今井2018-2
URL http://refreshsalon.jp/

宍戸 波動装置「カリスマ」を使用して「リフレッシュサロン・スギヤマ」を運営されている杉山代表。さっそく、この魅力的な商品や施術内容について詳しく教えてください。

杉山 人間の体は、あらゆる場所が固有の周波数を発しています。この周波数が狂うと異常が起きてしまうんですよ。「カリスマ」は超音波の波動を当てることで体や心の乱れを感知します。例えば、「腕が痛い」という場合でも根本の原因は他の場所にあることが多いのですが、「カリスマ」はその原因を確実に探り当て、波動による施術も行ってくれる実に優れた機械なんですよ。

宍戸 それはありがたいですね。代表は「カリスマ」とはどのような出合いを?

杉山 会社員だった40代の頃から定年後を見据えて生きがいを探すようになり、特に東洋医学に興味があって勉強を続けていました。長らく副鼻腔炎に悩み、無理やり抗生物質で抑え込んでいたからです。やがて、55歳の時に知人の紹介で知ったのが「カリスマ」でした。試しに施術を受けた私は「こんなに痛いの?」と驚きましたが、痛かったのは副鼻腔炎のせいだったんです。さっそく「カリスマ」を購入し自宅でさらに施術してみたところ、数日後には痛みが温かさに変わり、心地よさを感じるほどでした。

宍戸 「カリスマ」が代表の自己治癒力を引き出してくれたわけですね。

杉山 はい。この機械は私の人生を変えただけでなく、大勢の方を助けることができる――人に喜んでいただける何かを探し続けていた私は、さっそく当社を起業し、「カリスマ」を開発・販売する企業(株式会社YTB)のフランチャイズに加盟しました。それで勤務先を定年退職した2008年に当サロンをオープンしたんです。当初は1日3名までの施術でしたが、今では大勢のお客様が殺到し、通い続けてくださる方も多いんですよ。

宍戸 お客さんの反応が気になるところですが、その点はいかがでしょうか?

杉山 私はこれまでに何万人ものお客様を施術していますが、すべての方が衝撃を受けられますね。体と心のバランスが崩れるとさまざまな悪影響が出てきますが、「カリスマ」でその状態を改善すると人生が大きく変わるのだということを実感していただいています。

宍戸 「カリスマ」は本当に素晴らしい器具だと思います。代表には今後さらに広めていただきたいですね!

杉山 もちろんそのつもりです。現在、私の教え子たちが全国にサロンを展開中ですが、「カリスマ」はコンパクトで扱いやすい器具なので、ご家庭に常備することもできます。そこで私が目指すのは、救急箱のように一家に一台「カリスマ」を普及させること。そして世の中の「痛い・つらい・苦しい」をなくし、人々を喜ばせたいんです。この夢の実現に向けてこれからも社会に貢献し続けます!

GUEST COMMENT

宍戸 開

人間の心と体はわずかなズレで痛みやつらさを感じますが、その本当の原因はなかなかわかりにくいもの。しかし「カリスマ」を使えば人生が明るく一変するというのですから驚きます。杉山代表とお会いするだけで元気をいただけるのも嬉しいですね。「カリスマ」の普及を目指す代表に私も声援を送ります!


amazonからのご注文
2021年9月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ドラマやバラエティ番組で活躍中の女優・田中道子さんがご登場!内向的だったという幼少時代から、仕事における信念、地方活性化への思いまで、ここでしか読めない内容がたっぷりのインタビューです!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 駒田 徳広 鶴久 政治 矢部 美穂 名高達男 水野 裕子 宮地 真緒 杉田 かおる 畑山隆則