インタビュー

スペシャリスト

合同会社 Stajione

埼玉県出身。学業修了後、企業に3年ほど勤務したのちに21歳で独立。マーケティング事業を中心に物販や物流事業を手がける。2020年には飲食店2店舗を共同出資で渋谷にオープン。2021年、地元である埼玉県にてラーメン店「麺′s BAR Bacchus」をスタートさせた。

合同会社 Stajione
住所 〒351-0023
埼玉県朝霞市溝沼6-15-23B
URL https://www.stajione-official.com/

石黒 厚澤代表はまだお若くていらっしゃいますが、経営者としてすでに豊富なビジネス経験をお持ちだそうですね。

厚澤 はい。高校卒業後、3年間だけ会社員として勤め、「もっと自分の力で稼いでいきたい」という気持ちが強くなったことから21歳で独立しました。それからは法人様に向けたホームページ制作やSEO対策といったマーケティング事業を中心に、イベント事業や物流・物販事業、コンサルティング事業など幅広く展開し、おかげさまで法人化から3期連続で黒字を達成しているんです。

石黒 それはすごい。起業直後からそこまでストイックに事業にまい進できた原動力は、どこにあったと思われますか?

厚澤 まず、同世代の人間に絶対に負けたくないという強い気持ちがありました。「周りが大学に行っている間に、自分はビジネスで成長するんだ」と。また、22歳で結婚して子どもが生まれたことも大きかったですね。家族を守る責任感が芽生え、休む時間も惜しんでがむしゃらに頑張ることができました。今は、若い世代の中ではトップを走れているという自負がありますし、より良い社会をつくっていくためにも、まだまだ走り続けなければと決意を新たにしています。

石黒 私も代表と同じく22歳で出産して生き方が大きく変わったので、そのお話にはとても共感できます。また、最近は飲食事業にも乗り出されたとか。

厚澤 はい。ビジネスを通じて出会った方と共同出資する形で、2020年には渋谷にバーを2店舗立ち上げ、そして2021年にこちらのラーメン店「麺′s BAR Bacchus」をオープンしました。各店舗には経験豊富な責任者を置いて運営を任せ、特にラーメン店の店長はかつて有名店で10年以上にわたって修業を積んできた者なので、味には絶対の自信があるんですよ。おかげさまで、コロナ禍でのスタートではありましたが、私がもともと持っていた集客、マーケティングのスキルも駆使しつつ、順調な滑り出しができたと手応えを感じています。

石黒 お話をうかがっていると、代表が生き生きとお仕事に熱中していらっしゃる様子が伝わってきます。ご自身では、どんな時にやりがいを感じられますか?

厚澤 やはり、新しいご縁で人とお会いして、それまで自分が知らなかった世界の視野が広がる瞬間ですね。共同で事業を手がけている方も私のことを引き上げてくださっていますし、お世話になっている皆様には心から感謝しています。

石黒 この先もますます飛躍していかれることと思います。今後については?

厚澤 しばらくはラーメン店運営に注力し、2022年には2店舗目、3店舗目を開き、ゆくゆくは全国出店をしようと考えています。麺も自社ブランドとして通販するなど、多角的に展開したいですね。若い世代から未来を創造できるよう、会社としても成長し続けてまいります。

GUEST COMMENT

石黒 彩

「次の目標は年商1億円です」と力強く語ってくださった厚澤代表。お若いながらご自身の信念をしっかり持っていらっしゃり、壮大なビジョンについても決して夢物語ではないと思わせる説得力がありました。代表のご活躍は若い人たちの希望にもなると思いますから、これからも先頭を走り続けてください。


amazonからのご注文
2021年9月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ドラマやバラエティ番組で活躍中の女優・田中道子さんがご登場!内向的だったという幼少時代から、仕事における信念、地方活性化への思いまで、ここでしか読めない内容がたっぷりのインタビューです!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 駒田 徳広 鶴久 政治 矢部 美穂 名高達男 水野 裕子 宮地 真緒 杉田 かおる 畑山隆則