インタビュー

スペシャリスト

多彩な活動で地域の子育てを支援

千葉 圓藤さんは、他にもさまざまなご活動で地域の子育てに尽力していらっしゃるとうかがいました。

圓藤 はい。例えば、千葉県内の保育施設で組織された千葉県保育協議会の会長を務め、待機児童や保育士の待遇など、保育に関するあらゆる問題の改善に向け活動を続けています。また、法務省が主管する「子どもの人権110番」では、人権擁護委員としていじめや虐待など、子どもたちから寄せられる悩みの相談に乗っているんです。さらに、清水寺の本堂を開放し、子育て支援センターも展開しています。お母さん方と子どもたちが共に集い、育児の悩みを話し合ったり、ヨガやリトミックで楽しんだり、人形劇の劇団を結成したりするなど、多彩な活動を通じて地域の子育てを支援しているところです。

千葉 保育園の運営を通じて、圓藤さんは子育てについてどのように感じていらっしゃいますか?

圓藤 昔は、両親だけでなく祖父母や親戚、近隣の方など皆で子育てをするのが当たり前でしたが、戦後、「子育ては母親がするもの」という風潮になり、お母さんにかかる責任が重くなってしまいました。しかし、子育ては1人でできるものではありません。また、ここ香取市でも少子化や人口減少の問題に直面しています。ですから私は、この地域で育ち、東京などで暮らしていた方が香取市に戻ってきた時に、少しでも住みやすいと感じられる街づくりを進めようという思いで、保育を含めた環境の整備に力を入れているところです。

保育に情熱を注ぐ人材を育成していく

千葉 そのために欠かせないのは、やはり地域のつながりですよね。

圓藤 その通りですね。お寺にしてもこども園にしても私1人で運営できるものではありません。大勢の方に協力していただかないと何も始まりませんからね。そこで、「清水こども園」では「親父の会」というボランティア組織も立ち上げ、お父さんたちに遊具や散歩道などの整備をお願いしているんですよ。このように、人と人とのつながりを大事にしながら子どもたちがすくすくと育つ拠点をつくること。それこそが、私たちが一貫させている保育の理念というわけです。

千葉 圓藤さんのお話をうかがって、清水寺や「清水こども園」さんが、香取市の皆さんに愛され、信頼されている理由がよく理解できました。

圓藤 ありがとうございます。最近は「子どもがうるさい」など、保育園が原因でトラブルになることも多いようですが、幸いなことに私はお寺の住職という立場から、地元の方々と良好な関係を築き、保育園を運営できています。「清水こども園」も間もなく開業から70年になります。ここで育った子どもがおじいさん、おばあさんになり、お子さん、お孫さんと3世代にわたって通ってくださるケースも増えてきました。

千葉 世代を超えて顔見知りになれば、より安心して通うことができますよね。今後のご活動がさらに楽しみです。将来の目標についてはいかがでしょうか?

圓藤 私の目標は、子育て支援を通じて誰もが幸せになれる社会をつくることです。少子化が進む日本でこのビジョンを実現するには、当園を維持するだけでなく、経営難に陥った保育園を引き受けるような展開も考えられます。そのためにも今後は、保育に情熱を注ぐ次世代の人材育成に力を入れるつもりです!

GUEST COMMENT

千葉 真子

私も2人の子どもの母親として、育児にはコミュニティが大事だということを日々実感しています。「清水こども園」さんは、自然が豊富な立地で子どもたちがのびのびと育ち、お寺が母体という安心感や地域の絆の強さも魅力的なこども園でした。圓藤さんには、今後も香取市を活性化させ後進の育成にも注力していただきたいですね。私も応援しています!

1 2


amazonからのご注文
2021年11月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、井上尚弥選手を始め数々の世界チャンピオンを輩出している大橋ボクシングジムの大橋秀行会長と、ボクサーを支援しつつ新規事業「ライフメイクパートナーズ」で躍進する日本リアライズ(株)の大橋孝行社長がご登場。互いを兄と慕う2人が、挑戦の意義や逆境を乗り越える方法について語り合う、“ダブル大橋対談”をお見逃しなく!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 水野 裕子 矢部 美穂 時東ぁみ 名高達男 宮地 真緒 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則