• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 Flumen 一般社団法人 災害鑑定協会 代表取締役  小林 凌乃介

インタビュー

建築

株式会社 Flumen 一般社団法人 災害鑑定協会

20代で保険適用支援に力を入れ、お客様第一の姿勢を貫くために独立を決意し(株)Flumenを設立。合わせて(一社)災害鑑定協会にも加盟し、現在は火災保険の適用支援と、認定金額に合わせた修繕工事の提案を軸に事業を展開している。

株式会社 Flumen
一般社団法人 災害鑑定協会
住所 〒320-0065
栃木県宇都宮市駒生町1390-1
URL https://saikankyo.co.jp/

内山 小林社長が保険の適用支援の世界へ入られたきっかけを教えてください。

小林 私は21歳の時に大きな交通事故を経験し、一時は物を何も持てないほどの状態になってしまいましてね。この先、力仕事は厳しいだろうと思案していたところ、兄が勧めてくれたのが保険適用支援の仕事だったんです。最初は、お客様に思いが伝わらない、信用していただけないという壁にぶち当たったものの、本当にお客様を第一に考えるということを貫き、お客様からの感謝を積み重ねていきました。

内山 それはすごい。苦難を経て天職と出合われたのですね。そのままキャリアを築かれる道もあったと思いますが、独立を選ばれた理由が気になります。

小林 若くして多くの部下を持つ立場になり、自分の中にはお客様との信頼関係を第一に考えることこそ成功の近道だという確信がありました。「ならば自分のお客様第一の理想のサービスを実現しよう」と独立を決意しました。

内山 現在は、社長が培ってきた保険の知識を生かしたユニークな事業を展開していらっしゃるとうかがいました。

小林 はい。当社では、お客様の住宅の災害調査を無償でさせていただき、火災保険適用のサポートと修繕工事のご提案をしております。火災保険と聞くと文字通り「火災の時だけ適用される」と思われる方も多いですが、実はその他の自然災害でも適用されることが多いんですよ。

内山 それは知りませんでした。一応、自力で保険会社に問い合わせることもできるかと思いますが、こちらを通して申請を行うメリットは何なのでしょうか?

小林 保険会社もビジネスですから、しっかり調査証拠を集めたうえで申請をしないと、適用にならなかったり、低額で見積もられたりと、いわゆる“出し渋り”をされてしまいます。実際に、お客様がご自身で申請した後、私たちが調査をして再度、申請し直したところ、最初の見積もりと比べて10倍以上の保険金が適用になったこともあるんですよ。

内山 そんなに違いが出るのですね!確かに、知識がない状態で保険会社から「こういうものですから」と言われると納得してしまいそうですし、プロのバックアップがあるのは心強いと思います。

小林 私たちは一般社団法人として活動しているので、営利目的でないフラットな立場からご提案させていただけますし、その意味でもお客様とは強固な信頼関係を築けると確信しています。修繕工事も保険金の適用額内で行いますから、安心してお任せいただきたいですね。

内山 お若いながらも明確なビジョンをお持ちで、社長の今後が楽しみです。

小林 ありがとうございます。火災保険の有用性を知らない方がまだまだ存在していることが最大の課題なので、一人でも多くの方を救えるよう、精進し続けます!

GUEST COMMENT

内山 高志

「お客様から次の仕事を紹介していただける時が何より嬉しい。信頼の連鎖をつくっていきたい」と力強く語ってくださった小林社長。私も今は経営者として顧客満足を追求しているので、お客さんのことを第一に考える社長の姿勢には感銘を受けました。ぜひ、業界を牽引する存在にまで駆け上がってください。


amazonからのご注文
2021年9月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ドラマやバラエティ番組で活躍中の女優・田中道子さんがご登場!内向的だったという幼少時代から、仕事における信念、地方活性化への思いまで、ここでしか読めない内容がたっぷりのインタビューです!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 駒田 徳広 鶴久 政治 矢部 美穂 名高達男 水野 裕子 宮地 真緒 杉田 かおる 畑山隆則