インタビュー

建築

株式会社 伸栄工業

高校卒業後は、ディーラーとして商用車の製造会社に勤務した。その後、義兄が経営する建築会社に約4年間勤め、24歳の時に個人事業主として独立。2018年に(株)伸栄工業として法人化を果たした。とび・土工工事業を中心に、幅広い施工を行っている。

株式会社 伸栄工業
住所 〒363-0008
埼玉県桶川市坂田1630-3
URL http://www.shineikogyou.co.jp/

 まずは田久保社長が建築業界に入られた経緯からお聞かせください。

田久保 私は高校卒業後に商用車の製造会社に就職し、ディーラーの仕事をしていたんです。しかし賃金的に厳しかったため、義理の兄が経営していた建築会社に転職しました。そこに勤める中で、次第に自分一人でやってみたいと思うようになり、24歳の時に個人事業主として独立したんです。ありがたいことにすぐにお仕事もいただけ、従業員も増えてきたので2018年に法人化しました。

 なるほど。(株)伸栄工業さんの事業内容についても教えてください。

田久保 メインはとび・土工工事業で、リフォームや、他の建築会社と協力して建物を建てるようなことも行っています。複数の仕事をセットでご依頼いただくお客様が増えており、事業の幅が広がってきているところですね。

 日々お仕事されている中でこだわっている点などはありますか?

田久保 一つひとつの仕事をきれいにかつ安全に行うことでしょうか。また、建築業なので、従業員がケガをしないように配慮しています。メーカーさんを呼んで講師になっていただき、勉強会を開くこともしていますね。今は建築業界も資格が重要になってきているので、当社の従業員にはできるだけ多くの資格を取ってもらうようにしているんです。

 そのような取り組みは他社にはないですよね。従業員さんの質も高いのではないかと思います。社長が考える御社の強みはどういった点でしょうか?

田久保 やはり、従業員がきれいな仕事をする点ですね。作業現場にもゴミなどが散乱しないよう配慮し、近隣の方々にご迷惑をかけないように気を付けているんです。それから、建築会社は現場監督から図面をもらうケースが多いのですが、当社は自分たちで製図し、職人さんに提供しています。

 こうしてお話をうかがっていても、お仕事に対する熱意が伝わってきます。

田久保 知識量で同業者に負けたくないという思いが強いんです。わからないことがあればすぐにネットで調べたり、いろいろな組合に参加したりするなどして勉強を怠らないようにしています。

 そんな向上心の高い社長がやりがいを感じられる瞬間は?

田久保 何もなかった場所に大きな建物が建ったのを目にした時ですかね。あとはワールドカップでも使われた熊谷ラグビー場など、誰もが知っている建物を工事した時にもやりがいを感じます。

 今後の展望はいかがでしょうか?

田久保 当社の職人はレベルが高いのですが、営業や事務を行う人手が足りないので、それらの人員を増やして会社の中から職人をサポートできる体制を整えていきたいですね。ご依頼いただいたお客様に、次も当社に頼みたいと思っていただけるような仕事をしていきます!

GUEST COMMENT

嶋 大輔

田久保社長は考え方がしっかりしていて、対談中も共感できる部分が多かったです。自分で現場に行かなくなるとあぐらをかいてしまう人もいますが、社長は探究心が旺盛で勉強を怠らないから仕事が舞い込んでくるのでしょう。今後も目先の利益だけにとらわれないその姿勢で、躍進していただきたいですね!


amazonからのご注文
2021年10月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、井上尚弥選手を始め数々の世界チャンピオンを輩出している大橋ボクシングジムの大橋秀行会長と、ボクサーを支援しつつ新規事業「ライフメイクパートナーズ」で躍進する日本リアライズ(株)の大橋孝行社長がご登場。互いを兄と慕う2人が、挑戦の意義や逆境を乗り越える方法について語り合う、“ダブル大橋対談”をお見逃しなく!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 矢部 美穂 名高達男 宮地 真緒 杉田 かおる 畑山隆則