インタビュー

サービス

株式会社 アドヴァイス

最高経営責任者 高柳幸扶[写真左]
飲食業界で過酷な労働環境に苦しむ仲間のため労務について調査。その経験を元に2020年10月、(株)アドヴァイスを立ち上げる。現在は労務コンサルと中小企業の地方誘致に注力。根本的な労務問題の解決策は法律家経営者を育てることと考え、また“肩書が人材を成長させる”という思想に基づき青木氏を代表取締役に抜てきした。

代表取締役 青木 和久[写真右]
大学で経営学を学ぶ。地方の不動産業界に興味を持ち就職活動をするが、求人が少なく断念。社会問題の解決に取り組む高柳幸扶氏の姿勢に共感し(株)アドヴァイスに就職する。入社直後から代表取締役に就任。行政書士の資格を取るため1日8時間の猛勉強も続けている。

株式会社 アドヴァイス
住所 〒106-0031 東京都港区西麻布1-11-6
ホテル&レジデンス六本木1010
URL https://zangyo-dai.com/

石黒 こちらでは企業をサポートするさまざまな取り組みをされているそうですね。開業の経緯からお聞かせください。

高柳 もともと私は飲食業界と太いつながりがあり、仲のいい店長やスタッフが長時間労働など過酷な環境に苦しむ姿を見てきました。調べてみると、そもそも中小企業の経営者が労働基準法の存在すら知らないケースが多いことに気付いたんです。同じような問題は建築やITなど業種を問わず多発しています。そこで私は2020年10月に当社を設立し、中小企業の労務改善をテーマに活動をスタートさせました。

石黒 その一環として、現在は独自の事業に取り組んでいらっしゃるとか。

高柳 はい、私たちは労務問題はもちろんのこと、日本の社会問題を1つでも多く解決したいと考えています。そこで取り組み始めたのが、東京に集中し過ぎている人口や企業を地方へ移すためのサポートです。特にIT業界ではリモートワークが広まり、東京に拠点を構える必要性は薄れてきていますよね。逆に、地方に移転すれば自治体から補助金などをもらえますし、従業員は安い家賃で快適に暮らせ、さらに地域の活性化にもつながるとメリットばかり。そこで手始めとして、私の出身地である札幌市への企業誘致を進めているところです。

石黒 ただ人が移住するだけでなく、企業を丸ごと地方に移すというのは初めてお聞きしました。とてもユニークな事業で私も興味が湧きますね!ところで、22歳とお若い青木社長が代表に就任した経緯についても気になります。

青木 私は2021年3月に大学を卒業し、当社の活動に賛同して入社しました。すると、高柳から「代表になる」「行政書士の資格を取る」という2つのテーマを提示されたんです。そこで私は当社の代表取締役に就任し、並行して行政書士になるための勉強も続けています。

高柳 なぜ、その判断をしたかというと、これからの日本を変えるには、若く法律にも精通した経営者を増やすことが重要だと考えているからです。私は青木に当社の経営をさせつつ行政書士としても活躍させることで、同じ目標に挑戦する経営者を創出していきたいんです。また、いずれは職業紹介事業の許可を取り、人材業も展開したいと考えています。

石黒 多角化する(株)アドヴァイスさんの将来がとても楽しみになってきました。今後の展望をぜひ教えてください。

青木 ありがとうございます。私が行政書士の資格を取った暁には、司法書士や社会保険労務士など、法律分野の資格取得を支援するオンライン指導塾を始めようと計画を進めています。

高柳 さらに、地方創生や人材の育成にも力を注ぎ、「日本のヒーロー」と呼ばれる法律家や経営者を増やすため全力で取り組んでいくつもりです。ぜひ、当社のこれからにご期待ください!

GUEST COMMENT

石黒 彩

働く環境を整えれば従業員はやりがいを感じ、企業は自然と成長します。また、拠点を地方に移せば家賃の削減など多くのメリットがあるでしょう。この2つをサポートする(株)アドヴァイスさんの存在は、まさにこれからの日本に欠かせないものになりそうですね。ますますの飛躍を心から応援しています!


amazonからのご注文
2021年10月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、井上尚弥選手を始め数々の世界チャンピオンを輩出している大橋ボクシングジムの大橋秀行会長と、ボクサーを支援しつつ新規事業「ライフメイクパートナーズ」で躍進する日本リアライズ(株)の大橋孝行社長がご登場。互いを兄と慕う2人が、挑戦の意義や逆境を乗り越える方法について語り合う、“ダブル大橋対談”をお見逃しなく!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 矢部 美穂 名高達男 宮地 真緒 杉田 かおる 畑山隆則