インタビュー

サービス

株式会社 司商事

10代の頃に運送業界へ足を踏み入れドライバーとして活躍。複数の会社で経験を積み、個人事業主として独立を果たした。周囲の後押しを受けて(株)司商事の母体となる組織を立ち上げ、2010年に法人化。着実に事業規模を拡充し、拠点を増やすべくまい進している。

株式会社 司商事
住所 [本社]〒452-0962
愛知県清須市春日砂賀東12
[大分営業所]〒879-6903
大分県豊後大野市清川町砂田字柳井田1663-1
URL https://www.tsukasa-line.com/

畑山 まずは河野社長が独立されるまでの歩みから教えてください。

河野 私がこの業界に入ったのは10代の頃で、以来この道一筋でドライバーとしての経験を積んできました。3社ほど渡り歩き、最後に勤めていた会社が廃業したことをきっかけに自分でトラックを購入し、個人事業主として活動し始めたんです。次第に周囲から組織をつくることを勧められ、24歳のときに当社の前身を創業しました。それから程なくして法人化を果たし当社を設立したんです。

畑山 若くして起業されたのですね。経営者となり大変なこともあったのでは?

河野 ええ。当時はまだ若かったので、自分よりも年上の従業員への接し方に悩んだり、人材を定着させるにはどうしたらいいのかと模索したりすることもありましたね。しかし、苦労したとは思っていなくて、楽しみながら事業を進めてきました。その中で、だんだんと人材が定着し、経営も安定していったんです。

畑山 確かに、運送業界は人材の確保が難しい、と聞いたことがありますね。

河野 そうなんです。とはいえ、実は求人はあまり積極的に行わなかったにも関わらず、ありがたいことに人が集まってくれたんですよ。積み込み先や卸先などでドライバーさんとコミュニケーションを積極的に取ったり、商売道具であるトラックをきれいにしたりしていたことが、当社へ関心を持っていただくきっかけになったんだと思います。

畑山 それは素晴らしいですね!

河野 ありがとうございます。ドライバーは家よりもトラックで過ごす時間のほうが多いので、やはりきれいなトラックに乗りたいと思うんですよね。

畑山 おっしゃる通りだと思います。では、事業についても教えてください。

河野 当社では食品から家具、車の部品などさまざまなものを対象に運送の依頼を請け負っています。引っ越し業者にトラックを貸し出すこともありますね。取り引きする業界をあえて一つに絞らず、複数の業界に柔軟に対応できるようにすることでリスクの分散にもつながると思うんです。そのため、さまざまな会社とお付き合いするようにしています。

畑山 営業活動も大変なのでは?

河野 嬉しいことに、営業活動を行わずとも仕事の依頼をいただけることがほとんど。それはドライバーたちがしっかり仕事をしてくれているからこそだと思っていて、皆には本当に感謝しています。

畑山 ここまでお話をうかがい、社長にはこの仕事におけるカリスマ性が備わっているのだと思いました。今後についてはいかがでしょうか?

河野 山口県や広島県、岡山県や大阪府と拠点を増やしていけたらと考えています。その先駆けとして2018年頃にはすでに大分県に拠点を構えたんですよ。これからも当社の独自性を大切にしながら成長し続けます!

GUEST COMMENT

畑山 隆則

「これまで楽しみながら仕事をしてきた」とおっしゃっていた河野社長からは、ドライバーの仕事に対する熱い思いを感じることができました。そんな社長だからこそ、多くの仕事や仲間が集まってくるのでしょう。これからもそのカリスマ性を生かして、大きく飛躍されてください!


amazonからのご注文
2021年9月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ドラマやバラエティ番組で活躍中の女優・田中道子さんがご登場!内向的だったという幼少時代から、仕事における信念、地方活性化への思いまで、ここでしか読めない内容がたっぷりのインタビューです!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 駒田 徳広 鶴久 政治 矢部 美穂 名高達男 水野 裕子 宮地 真緒 杉田 かおる 畑山隆則