インタビュー

建築

職人の適材適所を見極める

鶴久 会長はお客様のために働くという姿勢を貫いていらっしゃるのですね。それにより、現在までお仕事が途絶えることなく舞い込んできているのだと思います。まさに職人としても経営者としても理想的な方ですね。ここまで事業を成長へ導くには、複数の職人の方々をまとめるということも鍵となったのでは?

飯塚 そうですね。職人は、一人ひとり異なる個性を持っています。そのため、それぞれの適材適所を見極めたうえで仕事を振るようにしていた他、現場のチーム編成も相性が良い職人同士で組めるよう配慮していました。例えば、苦手だと思っている仕事を振られたり、相性があまり良くない相手とチームを組まされたりすると、良い結果につながりにくくなりますし、職人本人の不満も溜まってしまうでしょう。だからこそ私は、一人ひとりの職人としっかり向き合い、顔を見て、体調は悪くないか、悩みを抱えていないかなど気にかけ、皆が仕事や人間関係で不満を抱えることなく質の良い仕事が提供できるような環境づくりに力を入れているんですよ。

鶴久 なるほど。職人の方々のことを真剣に考え、愛情を持って接していらっしゃる様子が伝わってきました。そんな会長のもとでなら、皆さん安心して働けると思いますよ。

飯塚 そうであれば嬉しいですね。とはいえ、優しくするばかりでなく叱ることももちろんありますよ。やるべきことをやらない職人には厳しいんです(笑)。アメとムチをうまく使い分けて職人たちに接することが大事だと思っています。また、当社は遅い時間まで残業させることもありません。それが功を奏したのか、一度辞めても戻ってきてくれる職人が多く、そのため当社には30年~40年以上のキャリアを持つベテランの職人がそろっているんです。

息子・友和氏と共に更なる飛躍を目指す

鶴久 ちなみに、こちらの代表は会長の息子さんが担っているそうですね。

飯塚 ええ。息子の友和は、学業修了後すぐに当社に就職し、修業を積んできました。そして、程なくして私の後を継ぎ代表に就任したんですよ。
 とはいえ、まだ引き継ぎの真っ最中。彼には、現在の業績を維持しながらさらに事業を躍進させてほしいと思っています。そのためにも、職人として、経営者としていろんなことを学び続けてもらいたいですね。

鶴久 会長だけでなく熟練された職人の方々がそろっていらっしゃるようですから、友和さんや若い職人の方々にとっても学べることの多い、とても良い環境だと思いますよ。

飯塚 そうですね。同業他社でも技術のある職人をこれだけそろえているところはなかなかないと思っています。そうした当社の強みを生かして、若い職人の育成にも力をいれていこうとしているところなんです。

鶴久 一人ひとりの職人さんと向き合い、丁寧な仕事をするという理念をもとに、会長と友和さんでこれからも事業を成長させていってくださいね。

飯塚 はい。当たり前のことを当たり前に行い、お客様からの信頼や質の高い仕事の提供につなげていくという当社の方針を、2代目代表である友和にしっかりと引き継いでもらうために、私もきちんとサポートしてまいります!

GUEST COMMENT

鶴久 政治

音楽プロデューサーは集まったミュージシャンの顔色や声の調子をすばやく察知して演奏に生かします。飯塚会長もそんな風に職人の方々の様子を気にかけ、快適な職場環境づくりに力を入れてこられたそうです。今後は息子の友和さんが事業を引っ張っていくとのことで、会長が築き上げた土台をしっかりと守りながら、ますます会社を盛り上げていただきたいですね!

1 2


amazonからのご注文
2022年1月号
COMPANYTANK 2022年1月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、前読売巨人軍監督で、現在は野球評論家として活躍中の高橋由伸さんがご登場!“天才”と称され、プロ野球界のスター選手であり続けながらも、度重なるケガと向き合ってきた野球人生や、現代の天才左打者・大谷翔平選手のことなど、読み応えたっぷりのインタビューとなっております。どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 宮地 真緒 矢部 美穂 名高達男 水野 裕子 鶴久 政治 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則