インタビュー

建築

株式会社 メカコースティック

高校まではブラスバンドでトランペットに打ち込み、大学進学後は建築音響の研究を続け音響設計の事務所に就職する。そこで約15年にわたり経験を積み、2020年には(株)メカコースティックを創業。現在はホールやスタジオの音響設計、メーカーの防音室の設計・施工など、さまざまな分野で事業を展開している。

株式会社 メカコースティック
住所 〒183-0022
東京都府中市宮西町2-14-5-301
URL https://www.mechacoustic.co.jp/

 まずは、西水流社長が音響の道へ進まれた経緯からお聞かせください。

西水流 私は、小・中・高とブラスバンドでトランペットを吹いていました。当時は音大を目指すほど打ち込んでいたものの、あるコンクールに出場した際、私より上手な奏者が大勢いることに気が付き、そこで音楽の道は断念したんです。その後は父が設計事務所を経営していたこともあって、建築科のある大学に進学しました。すると、その大学にたまたま建築音響の研究室があり、高校時代の恩師に「建築分野で音楽と関わる仕事もあるぞ」と言われたことも思い出した私は「これだ!」と勉強を始めたんです。

 それが、社長の中で音楽と建設の2つがつながった瞬間だったのですね。

西水流 はい。在学中はコンサートホールや森林空間の音響について研究し、大学院を卒業すると音響設計を中心に手がける設計事務所に就職しました。そこでは製造メーカーの音響試験室を設計・施工したり、映像、音楽関連のスタジオの設計・施工に携わったりと、さまざまな分野の仕事を経験し、国内外のお客様とのつながりも増やすことができて─そうして、2019年頃から「自分の責任で大きなリスクをとって、新しいことに挑戦したい」と考えるようになり、2020年に当社を設立した次第です。

 現在は、どういった依頼を主に受けていらっしゃるのでしょうか?

西水流 前職時代の経験を生かし、当社では企業様が製品の音を測定する防音室の設計・施工から、映像音楽関連のスタジオやホールの音響設計まで幅広く事業を展開しています。最近は、YouTubeの配信スタジオの設計・施工の案件も増えており、時代に即したサービスを提供すべく私たちも技術と知識を日々アップデートしているところです。また、一般のお客様から「隣人の給湯器や空調がうるさい」とご連絡をいただき、実際に測定しにおうかがいしたり改善策をご提案したりすることもありますよ。

 音響のプロフェッショナルとして活躍されつつ、私たちの暮らしに密着した悩みにも応えてくださるわけですね。

西水流 もちろんです。私は「お金稼ぎより信用稼ぎ」という言葉を信条にしており、お客様のご要望にしっかりと耳を傾けて信頼関係を築くことを心がけています。そうして課題を解決し、「嫌な音が消えて暮らしやすくなりました」「ホールの音が格段に良くなりました」と喜びの声を聞けた時には、私自身も大きなやりがいを感じるんです。

 では最後に、会社の将来のビジョンについてもお聞かせください。

西水流 引き続き既存の事業に注力しつつ、一般住宅で気軽に使える吸音内装材を開発するなど、挑戦も続けたいですね。音に関することでお困りの方が何でも気軽に相談できる存在を目指して、これからも企業努力をしてまいります。

GUEST COMMENT

嶋 大輔

トランペット奏者の夢は断念したものの、音響のプロとして生きる決断をされた西水流社長。その勇気こそ、お客様の悩みを解決へ導く原動力になっているのでしょう。大好きな「音」の世界で活躍されている社長は、本当に素敵な顔をしていらっしゃいました。私も頑張ろうと、活力をいただきましたよ!


amazonからのご注文
2021年9月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ドラマやバラエティ番組で活躍中の女優・田中道子さんがご登場!内向的だったという幼少時代から、仕事における信念、地方活性化への思いまで、ここでしか読めない内容がたっぷりのインタビューです!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 駒田 徳広 鶴久 政治 矢部 美穂 名高達男 水野 裕子 宮地 真緒 杉田 かおる 畑山隆則