インタビュー

建築

Global Ascension

幼少期より経営者になることを志し、社会経験を積むべく通信制の高校に通いながら建設業の仕事を始める。その後、服飾系の専門学校を経て営業代行会社へ入社。その中で不動産関係の業務にも携わり、職人たちが低く評価される古い体質に疑問を抱いたことから独立を決め、21歳の若さで「Global Ascension」を立ち上げた。

Global Ascension
住所 〒273-0002
千葉県船橋市東船橋5-12-14
URL https://globalascension.jp/

鈴木 青木代表は、21歳の若さで起業を果たされたそうですね。もともと、独立願望を抱かれていたのですか?

青木 はい。小学生の頃から、将来の夢は「社長になること」でした。早いうちに社会経験を積もうと、通信制の高校に通いながら斫り工事や土木工事などの職人仕事に携わり、さらに服飾系の専門学校を経て営業代行の会社に入社したんです。そこでさまざまな商品の販売を行う中で、不動産・建設業界の仕事も任されるようになったのですが、業務委託として中に入ってみたところ、顧客対応がアナログだったり、下請けの職人さんが都合良く使い回されていたり、旧態依然とした状況を目の当たりにしまして。

鈴木 なるほど。業界の古い体質を改善すべく、自ら立ち上がられたのですね。

青木 おっしゃる通りです。日頃から同世代の友人たちの活躍も耳にしていて、刺激をもらっていたこともあり、21歳の時に思い切って登記しようと決めました。最初はわからないことだらけで、大変な思いもしましたが、実践の中で一歩ずつ成長し、経営を軌道に乗せることができたと思います。

鈴木 現在は、どういった工事を主に請け負っていらっしゃるのでしょうか?

青木 当社では、一般住宅の外壁塗装工事や屋根の防水工事、お風呂場のリフォームなど改修工事全般を広く請け負いつつ、店舗様や企業様のテナント工事などにも対応しております。スタッフや協力業者には若くて腕のある職人がそろっており、全員で正直な仕事をすることをモットーにしているんです。

鈴木 正直、と言いますと?ぜひそのこだわりについて詳しく教えてください。

青木 この業界は専門性が高いゆえに、お客様が工事の内容をすべて把握するのは難しい側面があります。それをいいことに、必要のない工事を提案して料金の水増しをしたり、事前に伝えた塗料と違う粗悪な塗料を使用したりと、ずさんな施工を行う業者もいるんです。その点、当社は常にお客様目線でお見積り通りの施工を行うことはもちろん、付加価値を感じていただけるようなクオリティを追求しています。目先の利益にとらわれた仕事は決してしませんので、安心してお任せいただければ幸いです。

鈴木 頼もしいお言葉です。そうした誠実な姿勢を貫いていらっしゃれば、必ずお客さんの評価につながると思います。

青木 ありがとうございます。近年はネットの発達でお客様も事前に知識を得られるため、変なごまかしは通用しないですし、そのぶん私たちにとっては追い風になると考えています。これからも「身内にできない営業・工事はしない」という理念を周知徹底して、一歩ずつ成長していきたいですね。会社の規模も私の目が届く範囲で拡大しつつ、仕事のクオリティを最高に保てる少数精鋭のスペシャリスト集団を目指してまいります。

GUEST COMMENT

鈴木 尚広

「同業者の交流会には自分より若い方もいるので、危機感は常に持っています」と青木代表。強い理念とビジョンを抱きながらも、しっかりと自分の足元を見て事業に取り組んでいらっしゃる様子が伝わってきて、感心しきりでした。人員も増やされて前途洋々、ぜひ業界を牽引される存在まで成長されてください。


amazonからのご注文
2021年10月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、井上尚弥選手を始め数々の世界チャンピオンを輩出している大橋ボクシングジムの大橋秀行会長と、ボクサーを支援しつつ新規事業「ライフメイクパートナーズ」で躍進する日本リアライズ(株)の大橋孝行社長がご登場。互いを兄と慕う2人が、挑戦の意義や逆境を乗り越える方法について語り合う、“ダブル大橋対談”をお見逃しなく!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 矢部 美穂 名高達男 宮地 真緒 杉田 かおる 畑山隆則