インタビュー

建築

株式会社 山本鉄筋工業

学業修了後は料理人として働き、23歳のときに建築系の仕事に転身。10代の頃から独立心が強く、先輩の後押しもあって2005年に(株)山本鉄筋工業を創業した。現在はマンションや倉庫を中心に施工。「品質第一」をモットーに、アットホームな職場づくりを心がけている。

株式会社 山本鉄筋工業
住所 〒214-0038
神奈川県川崎市多摩区生田6-36-20-1
URL http://yamamoto-tekkin.co.jp/

内山 (株)山本鉄筋工業さんは2005年創業とうかがいました。まずは山本社長の歩みからお聞かせください。

山本 私は23歳まで料理人をしていました。ただ料理の仕事はデリケートなので精神的に疲れてしまい、肉体労働に転身しようと考え、今と同じく鉄筋工事を行う会社に入りました。そこに7年間勤めてから独立して当社を創業したんです。徐々に従業員が増え、現在では下請けを含めて14名になりました。

内山 従業員として働いていた時と独立してからの違いはどういった点ですか?

山本 すべて自分次第というところです。失敗したら全部自分の責任ですが、うまくやればその分だけ利益も入ってくる。大変ですがやりがいはありますね。

内山 なるほど。それでは、御社の具体的な業務内容を教えてください。

山本 主にマンションや貸しビルなどを手がけています。他に大手住宅総合メーカーの倉庫をつくることも多いですね。

内山 ホームページを拝見すると人材育成に注力されていることがわかります。

山本 はい。独立した当初は自分1人で頑張るので精一杯でしたが、最近は安定してきたので人材育成に力を入れています。従業員の中には8年間勤続している者もいますし、独立したいという気持ちがあれば彼らを支援するつもりです。

内山 お仕事をされていく中で何かこだわりのようなものはありますか?

山本 やはり何よりも品質が大事なので、常にその点を心がけて仕事に取り組んでいますね。当社は仕事を覚えれば、その分だけどんどん給料が上がっていきますから、やりがいがあると思います。個人的には、根性があって負けず嫌いな若い人に魅力を感じるので、そういう方に入ってほしいですね。

内山 若者の業界離れも多いとうかがいました。御社は女性も大歓迎だとか。

山本 はい、大歓迎です。女性は手先が器用なので、ゼネコンさんからの評判もいいんですよ。今は女性が入っている現場も多く、女性専用のトイレもありますから。最近ではゼネコンさんにも女性監督が増えてきましたね。

内山 そうなんですね!同業他社にはない御社の強みはどのような点ですか?

山本 従業員が皆、高い技術を持っている点でしょうか。当社に入ればどんどん技術を身に付けられると思いますよ。それから月に一度、スタッフの家族も呼んで食事会を開いているので、アットホームな雰囲気も魅力だと自負しています。

内山 最後に、今後どのような会社にしていきたいのか教えてください。

山本 いま当社は二次請け会社なので、一次請けになってゼネコンから直に仕事をもらえるようになりたいです。そのために、さらに従業員を増やすなど土台づくりから始めようと思っています。学歴がない人間でも大きな仕事ができるということを証明していきたいですね!

GUEST COMMENT

内山 高志

料理の道から建築業界に転身し、起業された山本社長は、若い人たちにとって1つの見本になるのではないでしょうか。物腰柔らかで、良い意味で職人さんのイメージとは異なる印象を持ちました。アットホームな社風だというのもうなずけます。負けず嫌いで努力家の社長。今後のさらなる躍進を期待しています!


amazonからのご注文
2021年9月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ドラマやバラエティ番組で活躍中の女優・田中道子さんがご登場!内向的だったという幼少時代から、仕事における信念、地方活性化への思いまで、ここでしか読めない内容がたっぷりのインタビューです!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 駒田 徳広 鶴久 政治 矢部 美穂 名高達男 水野 裕子 宮地 真緒 杉田 かおる 畑山隆則