インタビュー

サービス

フラームジャパン株式会社

大学卒業後はガラスメーカーに就職し、人事部に配属される。結婚退職し、独立行政法人に再就職。大規模な採用プロジェクトに携わり、30歳で女性初かつ最年少の管理職に抜擢される。さらに、外資系企業の日本支社立ち上げに参画するなどキャリアを積み重ね、その経験を生かして女性の活躍を支援するべく独立を決意。2017年にフラームジャパン(株)を創業し、現在は製薬業界に特化したダイバーシティープロジェクトの創出や女性MRに特化したキャリアコンサルティング、人材派遣事業を手がけている。

フラームジャパン 株式会社
住所 〒108-0074
東京都港区高輪3-23-17
品川センタービルディング6F
URL https://flammejapan.com/

製薬業界に特化したダイバーシティープロジェクトを創出し続けるフラームジャパン(株)。結婚=退職という社会の風潮を変えるべく、飯嶋社長は人事のキャリアを積み独立し、後進のために道を拓き続けている。同氏が思い描くビジョンに、女優の吉井怜さんが迫った。


女性がより活躍できる社会を掲げて

吉井 飯嶋社長は、これまで多種多様な業界で人事採用の経験を積んでこられたそうですね。まずは、独立に至るまでの歩みからお聞かせいただけますか?

飯嶋 私は学業を終えるとガラスメーカーに就職し、人事部に配属されました。約3年の勤務の後に、結婚したタイミングで退職したのですが、私が家計を支える立場になり、28歳の時に独立行政法人の大プロジェクトを担う人材コンサルティング企業に再就職したんです。そこでは大人数を短期間で採用するボリューム採用や、女性限定など付加価値を付ける採用プロジェクトに携わり、休む間も惜しんで働いた頑張りが認められて30歳で管理職に昇進することができました。

吉井 一見すると華やかに見える飯嶋社長のキャリアですが、その裏側にはさまざまなご苦労があったのですね。

飯嶋 はい。しかし、その中で「人事採用の分野で生きていこう」と自分の道筋が定まったことは大きかったですね。さらなる活躍の場を求めた私は、33歳の時には外資系コンサルティング会社に転職し、日本支社の立ち上げに参画しました。そして、ヘルスケア業界で女性採用のプロジェクトを続ける中で、他の業界と違うところが多く出てきたことが、独立の大きな契機となったんです。

吉井 具体的に、製薬業界の人事にはどのような課題があったのでしょうか?

飯嶋 医薬担当情報者=MRの男女比率を見ると、女性が占める割合は現在もわずか14%と低い水準にあります。ところが人事のご担当者は「女性に活躍してほしい」と口をそろえておっしゃいますし、結婚・出産で退職を経験した女性も「製薬業界に復帰したい」と願っている方が多いんです。つまり、働きたい女性が多く企業側も人材を求めている。そんな相思相愛の状態にもかかわらず、女性スタッフ数が増えないのは、どこかで互いの意見や希望が食い違ってしまうからです。そのようなミスマッチを減らし、女性の社会復帰や活躍を支援したいと考え、2017年に当社を立ち上げました。

吉井 実際にスタートされてみて、イメージ通りの展開はできましたか?

飯嶋 当初は私が個人で企業からダイバーシティーコンサルティングを請け負っていく想定だったのですが、前職時代からつながりのある企業様から「人材派遣や紹介もしてほしい」とお声がけをいただき、思っていた以上に幅広く事業を手がけることになりました。おかげ様で会社も順調に成長しており、皆様には感謝しかありません。

1 2


amazonからのご注文
2021年11月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、井上尚弥選手を始め数々の世界チャンピオンを輩出している大橋ボクシングジムの大橋秀行会長と、ボクサーを支援しつつ新規事業「ライフメイクパートナーズ」で躍進する日本リアライズ(株)の大橋孝行社長がご登場。互いを兄と慕う2人が、挑戦の意義や逆境を乗り越える方法について語り合う、“ダブル大橋対談”をお見逃しなく!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 水野 裕子 矢部 美穂 時東ぁみ 名高達男 宮地 真緒 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則