インタビュー

スペシャリスト

株式会社 crony

北海道釧路出身。学業修了後はアパレル業界に従事し、アクセサリー店のインポーターとして大手アパレル会社との取り引きを経験する。同業界での経験・ノウハウを生かす形で独立。2016年に(株)cronyを創業した。現在はアパレル業のみならず運送業も手がけている。

株式会社 crony
住所 〒340-0834
埼玉県八潮市大曽根110
URL https://www.crony-lab.com/

矢部 島倉社長も北海道のご出身だそうですね。同郷出身ということで親近感が湧きます。まずは、社長の歩みからお聞かせください。

島倉 私はもともとアパレル業に長く携わっていました。独立前はインポーターとして海外で買付をしていたんです。あるとき、取引先の大手アパレル会社の社長から背中を押されたことをきっかけに、アパレル業での独立を決意しました。

矢部 なるほど。現在は、運送業も手がけているそうですね。

島倉 そうなんです。ずっとアパレル業界一筋だったものの、とある社長から物 流業界の話を聞く機会か゛あり、興味を持った私は、社長という身分を隠して運送業界に飛び込んだんです(笑)。そこで物流業に将来性を感じ、先を見据えて運送事業もスタートしました。現在、コロナ禍で運送業の需要をあらためて肌で感じています。

矢部 オンラインで購入する機会が増えてから、物流業界は一気に伸びていますよね。こちらでは、どういったサービスを手がけていらっしゃるのでしょうか?

島倉 当社では、ルート配送からチャーター便、スポット配送などさまざまな配送を行っています。また、アパレル業界での経験を生かして、大手アパレル企業の企業専属便を手がけているんです。さらに、自社では車両を持たず、すべて個人事業主に業務委託で依頼をする形をとっています。というのも、この事業にはコロナ禍で職を失った人たちを救いたいという思いもあるんです。ですから、家族がいるのに職を失ってしまった人など、困っている人たちと業務委託契約を結ばせていただいています。

矢部 雇用側にも働く側にもwin-winとなる、良い関係性が築けているんですね。

島倉 はい。おかげさまで、長く一緒に働いてくれる人が多いんです。当社で働くスタッフの年齢層はさまざまで、18歳から64歳のスタッフもいるんですよ。

矢部 やりたいことをどんどん突き詰めていく、そんな社長のお人柄に惚れるスタッフさんも多いでしょうね。

島倉 そう言っていただけると嬉しいです。私はもともとアメリカが好きなので、原宿あたりにバイク好きの仲間たちが地方から集まれるような‟小さいアメリカ”をつくりたいという構想もあるんです。また、地元である釧路は街中が閑散としています。何とかできないかと思い、東京でもそろわないような海外ブランドのお店を釧路市に出店し、原宿にあるキャットストリートのような場をつくりたいと考えているところです。

矢部 壮大な構想ですね。しかし、社長の人脈やそのバイタリティがあれば、必ずや形にできるでしょう。

島倉 ありがとうございます。今後も、固定観念にとらわれずにアイデアを形にし、事業を通じて少しでも社会に貢献できるよう活動を続けていきたいですね。

GUEST COMMENT

矢部 美穂

非常にバイタリティにあふれる島倉社長。固定観念にとらわれることなく、やりたいことをどんどん形にできるパワーを持っている方ですし、社長のような方が地域を盛り上げてくれるのではないかと思いました。今後のさらなる活躍が楽しみです。私も陰ながら応援しています!


amazonからのご注文
2021年10月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、井上尚弥選手を始め数々の世界チャンピオンを輩出している大橋ボクシングジムの大橋秀行会長と、ボクサーを支援しつつ新規事業「ライフメイクパートナーズ」で躍進する日本リアライズ(株)の大橋孝行社長がご登場。互いを兄と慕う2人が、挑戦の意義や逆境を乗り越える方法について語り合う、“ダブル大橋対談”をお見逃しなく!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 矢部 美穂 名高達男 宮地 真緒 杉田 かおる 畑山隆則