インタビュー

スペシャリスト

株式会社 ルミライズ

5歳からピアノを始め、24歳の時にフランスの「ニース夏期国際音楽アカデミー」に参加し、音楽と向き合う姿勢に開眼。やがてナポレオン・ヒルの著書『思考は現実化する』を読んで蒙を啓かれる。2020年に(株)ルミライズを立ち上げ、ピアニスト、ボーカリスト、経営者として活動中。東大和・武蔵村山倫理法人会の一員でもある。

株式会社 ルミライズ
住所 〒 359-1146
埼玉県所沢市小手指南6-14-11
URL https://www.maingauche.website/#2

ピアニスト、ボーカリスト、音楽プロダクション経営者の3つの顔で活躍する(株)ルミライズの清水智子社長。挫折を乗り越え夢を実現した現在、地域や人々のための音楽活動に全精力を傾けている。その前向きな生き方に女優の大路恵美さんも賛辞を贈っていた。


「音楽は生き物」の考え方に共感

大路 ピアニスト、ボーカリスト、音楽プロダクションの経営者としてご活躍中の清水社長。ぜひ、これまでの歩みを詳しく教えてください。

清水 私は5歳からピアノを始めましたが、母や先生の指導が怖くてずっとやめたかったんです。一度だけ「もうやめたい」と話したのですが却下され、再び言い出す勇気も出ないまま国立音楽大学へ進学しました。でも、自分に自信が持てずに中退したんです。中途半端な自分に嫌気が差した私は、アルバイトでお金を貯めて24歳の時にフランスへ行き、音楽生活のゴールにするつもりで「ニース夏期国際音楽アカデミー」に参加しました。そこで、これまでとはまったく違うピアノに向き合う姿勢を学んだんです。

大路 とても興味が湧きますね。それはどのような姿勢だったのでしょうか?

清水 音楽は生き物であり、呼吸するように演奏することが大事だという考え方です。その姿勢に共感した私は、人々に喜んでいただける音楽を提供しようと決意し、ピアニストとして再スタートしました。書店でナポレオン・ヒル著の『思考は現実化する』という本に出会ったことも大きかったですね。また、地元の経営者が集い人々を幸せにするにはどうすればいいかを学ぶ東大和・武蔵村山倫理法人会のメンバーにもなりました。

大路 その本にはどのようなことが書いてあったのですか?

清水 『思考は現実化する』は、題名通り思考はすべて現実化すると教えてくれる本なんですよ。音楽活動を再開したものの相変わらず自分に自信が持てませんでしたが、私にとって同書は何度も読み返すほどのバイブルになりました。そのおかげで、精力的にリサイタルを開きイベントでの演奏や後進の育成にも力を注ぐようになったんです。そして、念願のCDをリリースするために2020年に当社を立ち上げました。

1 2


amazonからのご注文
2022年5月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、2021年にプロ野球選手生活を終え、野球評論家として新たな一歩を踏み出した鳥谷敬さんがご登場!成長痛や左右転向による不調と向き合った少年時代、才能が大きく開花した大学時代、そして「野球=仕事」という哲学と徹底した自己管理のもと、数々の記録を打ち立てた現役時代と引退後の未来のことまで、その歩みを余すところなく語ってもらいました。ぜひお読みください!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 宮地 真緒 名高達男 鶴久 政治 水野 裕子 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則