インタビュー

建築

適材適所で質の高い仕事を実現

宮地 こちらではどういったご依頼を多く受けていらっしゃるのでしょうか?

中村 当社では、建築資材を指定された場所へ配置し、数や物の確認を行う「揚重」と、土台の据付から柱、梁、棟上げまで資材を組み上げる「建て方工事」の2つを専門に請け負っております。その道に精通した職人が作業に当たるため、お任せいただければ時間とコストを大幅にカットすることが可能です。また、スタッフの平均年齢が若く、女性の職人も活躍してくれているというのも大きな特長ですね。

宮地 それはすごい。現場作業はどうしても力仕事のイメージがあり、女性には厳しいのかなと思っていました。代表はどのように工夫して人員配備をされているのでしょうか?

中村 せっかく一緒に仕事をするからには、長く活躍してほしいと考えて、男女だけでなく、年齢面も考慮した人員配備を心がけています。例えば、揚重の仕事は重いものを扱うので、体力勝負なところがあります。ですから、なるべく若くてフレッシュな人材に任せ、年齢を重ねるとともに知識が身に付けば、建て方工事の現場監督へとシフトしていくといった感じです。その中でも女性の職人は男性とは違った繊細さがあり、正確で素早い仕事をしてくれるので、重宝しますよ。

宮地 代表は心からスタッフさんたちのことを考えて組織づくりをされていると感じます。

中村 そう言っていただけると嬉しいです。どれだけ多くのご依頼をいただいても、実際に仕事をしてくれる職人たちがいなければ何も成り立ちませんから、私は従業員第一で物事を考えるようにしています。そして、彼らが頑張った分だけしっかり対価を支払い、幸せになってもらうことで、初めて質の高い仕事をお客様へ提供できるのです。だからこそ、私は共に働く仲間たちとは常日頃からコミュニケーションを取っていますよ。会社の方針から、利益が上がった際の分配の仕方まで、細かく共有するようにしています。

宮地 お話の端々から、代表が生き生きと事業に取り組んでいらっしゃる様子が伝わってきます。ご自身の中では、何が原動力になっていると思われますか?

中村 ラグビーで有名な精神論である「one for all, all for one」が当社のモットーなんです。私を含めてチーム全員が仲間のために仕事をしているので、努力できるし成長も早いのだと思います。現場でも多くの場合、通常時に必要な人数より少ない人員で作業を完遂できる結束力がありますし、皆で頑張って皆で稼ぐというのが原動力になっていますね。

宮地 まだまだ成長していかれると思います。今後についてはいかがですか?

中村 この度、新たに(同)一徹という法人を立ち上げました。これを皮切りに、一人前になった従業員たちを独立させ、グループとして一緒に仕事をしていければと考えています。ゆくゆくはホールディングス化も行い、業界をリードする存在になれればと思っているので、この先も走り続けてまいります。

GUEST COMMENT

宮地 真緒

「一緒に働く仲間とのコミュニケーションを一番大事にしている」と語っていらした中村代表。現場へ向かう職人さんとは必ずご自身で連絡を取っていらっしゃるそうで、ここまでスタッフに献身的な方は稀有だと思いました。女性の活躍が当たり前になれば、人材の定着率も上がるでしょうし、ぜひ業界の新たなスタンダードをつくってください。

1 2


amazonからのご注文
2021年11月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、井上尚弥選手を始め数々の世界チャンピオンを輩出している大橋ボクシングジムの大橋秀行会長と、ボクサーを支援しつつ新規事業「ライフメイクパートナーズ」で躍進する日本リアライズ(株)の大橋孝行社長がご登場。互いを兄と慕う2人が、挑戦の意義や逆境を乗り越える方法について語り合う、“ダブル大橋対談”をお見逃しなく!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 水野 裕子 矢部 美穂 時東ぁみ 名高達男 宮地 真緒 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則