• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 レジャーサポート / 恵比寿建設 株式会社 代表取締役 阿武 髙志

インタビュー

スペシャリスト

株式会社 レジャーサポート

長年にわたり建設業界で経験を積む。現在は宅地造成を展開する恵比寿建設(株)と、ゴルフ場向けアイテムを販売する(株)レジャーサポートを手がける。2020年には「杏野崇」の筆名で短編小説集『名もなきアスリートへの鎮魂歌(出版元:幻冬舎)』を上梓した。

株式会社 レジャーサポート
恵比寿建設 株式会社
住所 〒206-0033
東京都多摩市落合1-26-1
スワローハイム 303
URL https://www.leisuresupport.jp/

大路 阿武社長は経営者としてだけでなく、2020年には小説家としてデビューされたそうですね。

阿武 はい、「杏野崇」というペンネームで2020年のオリンピックに向けて『名もなきアスリートへの鎮魂歌(出版元:幻冬舎)』を発刊しました。これは3作からなる短編集で、1作目の「閃光」は広島で幼いころ被爆した高校生が甲子園を目指す物語です。2作目の「幻の夢舞台」は大学生ボクサーが出場を決めたモスクワオリンピックを国のボイコットにより出場できなくなり目標を失い人生を狂わせていくといった物語です。3作目はがらりと趣が変わり恋愛ミステリーとなっております。

大路 おもしろそうですね!私も読みたくなりました。小説家として活動を始めるきっかけは何だったのでしょうか?

阿武 もともと私は建設業界に長く身を置いており、独立して立ち上げた会社が不運にも畳まざるを得なくなり、その時、その経緯を小説にしようと考え執筆を始めました。それが『流水の街』という小説で2021年の11月に文芸社から刊行予定です。この作品は私小説といった形態で、まさしく昭和の人間といった人物の半生を綴っております。

大路 とても楽しみです!ちなみに社長は、他にもゴルフ関連の事業を手がけていらっしゃるとうかがっています。

阿武 そうなんです。私は、30代の頃からゴルフにハマっていまして、年を重ねるにつれて、ゴルフに対する向上心も強くなり、2020年には、ゴルフ用品やゴルフ場でご使用いただけるレジャー・スポーツ用品だけでなくゴルファーをサポートする、(株)レジャーサポートを立ち上げました。具体的には、カップインしたボールを簡単に取り出せる便利グッズ「楽トリー」や飛沫防止パーティションなど、ゴルフ場の「こんなことができたらいいな」を実現するアイテムを開発・販売しています。

大路 ここまでお話をうかがって、私も元気をいただきました。これからもいろいろなことに挑戦し続けてくださいね。

阿武 はい。実は私は以前に病を患い、その際に「人生は思っているほど長くはないのだ」と気付いたんです。幸いなことに病はほとんど完治したものの、これからの人生の中で思いついたことは積極的にやろうと決意を固め、執筆活動も盛んに行っています。今後は、恋愛小説や自叙伝などを世に送り出していきたいな、と。2021年内の出版を目標にしているので、ぜひ皆さんには発刊まで楽しみにお待ちいただきたいですね!

GUEST COMMENT

大路 恵美

酸いも甘いも噛みわけて、ポジティブに人生を歩み続けていらっしゃる阿武社長。そんな社長とお会いして一歩踏み出す勇気を持つことや、楽しみながら生きることの大切さを教えていただきました。社長には、いつまでも前向きに挑戦していただきたいですね。


amazonからのご注文
2021年10月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、井上尚弥選手を始め数々の世界チャンピオンを輩出している大橋ボクシングジムの大橋秀行会長と、ボクサーを支援しつつ新規事業「ライフメイクパートナーズ」で躍進する日本リアライズ(株)の大橋孝行社長がご登場。互いを兄と慕う2人が、挑戦の意義や逆境を乗り越える方法について語り合う、“ダブル大橋対談”をお見逃しなく!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 矢部 美穂 名高達男 宮地 真緒 杉田 かおる 畑山隆則