インタビュー

サービス

有限会社 髙島

(有)髙島建材を手がける父の背中を見て育ち、自らも幼い頃から家業を継ぐことを意識する。学業を終えると、社会経験を積むべく他の運送会社に入社。ノウハウを学んだ後、24歳で家業へ。一から人脈を築き上げ、土台ができあがったタイミングで事業を引き継ぎ、2代目社長に就任。2020年にはさらに幅広く運送事業を展開していくべく、(有)髙島へと社名変更も果たした。

有限会社 髙島
住所 [本社]〒240-0066
神奈川県横浜市保土ヶ谷区釜台町45-8
[瀬谷営業所]〒246-0001
神奈川県横浜市瀬谷区卸本町 9279-6
URL https://www.takashimakenzai.com/

神奈川県を拠点にさまざまな運送事業を展開する(有)髙島。2代目社長の髙島氏は就任直後から若手中心のチームづくりを進め、活気と丁寧さを兼ね備えた仕事で顧客の信頼を獲得してきた。業容拡大を見据え社名も新たにした同氏の思いに、野球評論家の駒田徳広さんが迫った。


温故知新の気持ちを大切に

駒田 こちらは30年以上続く歴史ある運送会社だとうかがっています。まずは、髙島社長が2代目に就任されるまでの歩みからお聞かせください。

髙島 私は、幼い頃からこの会社の創業者である父の背中を見て育ちました。そして、「いずれは会社を引き継ぐのだろう」と考え、学業を終えると自然な流れで運送会社に就職したんです。

駒田 なるほど。まずは一般企業で修業を積まれたのですね。家業に入られるタイミングはどのように訪れたのですか?

髙島 3年ほど経ったところで、人員が不足しているという話を聞きまして。ちょうど自分も仕事に壁を感じていた時期だったため、再起を図るべく家業へ入ることを決めました。その後は1つずつ仕事を覚えていき、父が体調を崩して現場の一線から徐々に退くようになると、数年をかけて人脈の土台をつくり、2016年に満を持して2代目に就任しました。

駒田 会社の看板を背負う立場になられて、環境の変化は感じられましたか?

髙島 はい。やはり社長になる前と後とでは、周囲の視線や対応が大きく変わったと感じましたし、「これまでは守られた環境にいたのだ、この先は自分がしっかりしなければ」と背筋が伸びる思いでしたね。会社の伝統を守りながらも、時代に合わせて変えるべきところは改良しようと、変革にも乗り出しました。

駒田 会社の歴史が長ければ長いほど、何かを変えることに要する力も大きくなっていくと思います。具体的に、どのような部分を変えていかれたのですか?

髙島 最も大きく変えたのは、チームづくりの手法です。父は「自分が黒といえば黒」という感じでリーダーシップを発揮する、良くも悪くもワンマンな経営者でして。しかし私はもっと社員とのコミュニケーションを重視し、良い意見を取り入れていくスタイルにシフトさせました。例えば、PCやスマートフォンといったデジタル機器に関する知識は、若い世代の人たちのほうがずっと詳しいですから、彼らから学び、業務に生かすことでより効率化を図れると思うんです。

駒田 労働環境を良くするために、立場関係なく意見を聞いていらっしゃるところに、社長の懐の深さを感じます。野球界も時代と共にうまく指導法や戦略を変化させたチームが成功しているので、お話にとても共感できますね。

髙島 ありがとうございます。まだまだ試行錯誤を繰り返している段階ではあるものの、少しずつ前へ進めている実感はあるので、日々勉強を続けていきたいですね。

1 2


amazonからのご注文
2021年3月号
COMPANYTANK 2021年3月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、野球評論家の駒田徳広さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 名高達男 鶴久 政治 水野 裕子 宮地 真緒 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則