インタビュー

建築

全員が安全に経験を積める環境を整備

鈴木 では、具体的なお仕事の内容についても詳しくお聞かせください。

重田 当社では、足場組み立て・解体工事を専門に手がけており、特に一般住宅やマンションなどの改修現場をメインで請け負っています。端的にご説明すると、工事現場における最初と最後の作業を担っているのが当社なんです。

鈴木 足場工事は建設業の中でも花形と言われていると聞いたことがあります。しかし、高所での作業が伴うでしょうから、気を付けなければいけないことも多そうですね。

重田 そうですね。そのため私は、従業員たちの安全を第一に考えた取り組みを行っています。具体的には、足場より先に手すりを組み上げる「先行手すり」という工法を採用しており、高所作業時の落下事故を未然に防げるようにしているんです。もちろん命綱も装着させているので、従業員全員が安心して作業に集中することができています。
 また、足場組み立てにおいては、後から現場に入る職人さんたちが使いやすくなるよう、職人さんたちの動きをイメージして図面をつくり、施工することを心がけているんです。

鈴木 なるほど。従業員の方々の安全を考えた取り組みは、質の高い施工につながると思います。

重田 おっしゃる通りです。また、足場工事に正解はありません。それぞれの現場に適した足場をつくる必要があるからこそ、従業員たちにはとにかく経験を積ませることが大切だと考えています。そのため、入社したばかりの従業員にも、積極的に仕事を任せているんです。たとえ失敗したとしても、それを糧に進み続けることが、従業員の成長を早めることにつながりますからね。

鈴木 お話をうかがっていると、社長が共に働く従業員の方々をとても大切に思っている様子が伝わってきます。従業員さんたちのためにそこまで頑張れる原動力は何なのでしょうか?

重田 従業員たちの成長した姿や、皆の生き生きとした表情を見られることが、私のモチベーションになっているんです。個人で仕事をしていた時代には、いかに利益を上げるかという部分にフォーカスしていたものの、一緒に仕事をする仲間が多くなればなるほど、皆が幸せになれるような組織にしたいと考えるようになりました。従業員たちは、私に対してフラットに接してくれますし、そうした社内の良好な雰囲気が、仕事のクオリティの高さにもつながっていくと考えているんです。

鈴木 そんな社長のもとにはこの先もたくさんの仲間や依頼が集まってくることと思います。会社としても、ますます成長していくことでしょう。最後に、今後のビジョンについて教えてください。

重田 これからも、関わった人たちを幸せにするということを考えて、自分の手の届く範囲で事業を展開していくつもりです。
 また、誠実な仕事をすることは大切ではあるものの、ずっと気を張り詰めていては、かえって集中力は途切れてしまいますよね。そのため、従業員たちが、適度にリラックスをして楽しみながら働くことのできる環境をつくろうと思います。そうして、皆が「(株)重田仮設で一緒に働こうよ」と知人や友人を気軽に誘えるような会社を目指して、工夫と努力を続けていきたいです。

GUEST COMMENT

鈴木 尚広

「従業員たちには何事も積極的に挑戦させることが大切だと思っているんです」と語ってくださった重田社長。経験値が価値を創出するのは野球の世界でも同じなのでとても共感できました。社長の懐の深さがあるからこそ、従業員の皆さんも迷いなく挑戦できるのでしょうね。今後も優秀な人材を育て、質の高い足場工事を提供し続けてください。

1 2


amazonからのご注文
2021年3月号
COMPANYTANK 2021年3月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、野球評論家の駒田徳広さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 名高達男 鶴久 政治 水野 裕子 宮地 真緒 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則