インタビュー

サービス

サンタルート 株式会社

バンドを組みプロとして活動するも、26歳で引退し保育園の給食係に。当時の月給では家族を養えず、安く仕入れた商品を高く売り、差額で利益を得る事業をスタート。2014年にサンタルート(株)を創業し、ネットショップの運営を中心に手がける。平日にジム通いをするなど、ストレスフリーな人生を送っている。

サンタルート 株式会社
住所 〒573-0023
大阪府枚方市東田宮1-16-20 102
URL https://santaroute.co.jp/

ネットショップと副業コンサルティングで前進するサンタルート(株)。大野社長は、ある出来事を機に「人」や「家族」の大切さに気付き、考え方を改めたと語る。元ボクシング世界王者の西岡利晃さんもその逸話を聞き、「素晴らしい姿勢だ」とうなずいていた。


月給わずか15万で副業に挑戦

西岡 大野社長の人生が花開くまでには、実にさまざまな紆余曲折があったとうかがいました。さっそく詳しいご経歴を教えていただけますか?

大野 私は中学生の頃からバンドを組み、将来は音楽で生計を立てると決めていました。やがて、あるレーベルに所属しマネジャーもつくようになったんです。ただ、いつまでたってもご飯を食べられるレベルには到達しませんでした。限界を悟った私は26歳でバンドを解散し、子どもも料理も好きだったことから、第二の夢だった保育園の給食係になったんです。ただ、その保育園では月給を15万円ほどしかもらえませんでした。子どもに囲まれる仕事は楽しかったものの、結婚したばかりの妻と、やがて生まれる自分の子どもの生活を支えるにはとても足りません。「家族を養うには好きな仕事にこだわっているだけではいけない」。そう決意し、副業に挑戦しました。毎朝4時に起きて出勤までの3時間を副業にあて、3年ほどで軌道に乗せることができたんです。

西岡 そして、いよいよサンタルート(株)さんの船出というわけですね。

大野 2014年に保育園を辞め当社を創業しました。自分が本当に売りたかった輸入雑貨を中心にネットショップを展開し、副業で成功するノウハウをブログやYouTubeに投稿するなど情報発信も続けました。独立する際に、妻と「1ヶ月でも保育園の給料よりネットショップの売り上げが低かったらサラリーマンに戻る」と約束しましたが、おかげさまで事業は右肩上がりを続けているんです。妻も最初は不安そうにしていたもののすぐに応援してくれるようになり、今は毎日が楽しくて仕方ありません!

1 2


amazonからのご注文
2021年3月号
COMPANYTANK 2021年3月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、野球評論家の駒田徳広さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 名高達男 鶴久 政治 水野 裕子 宮地 真緒 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則