インタビュー

建築

HADANO

父親が電気工事会社を営み、学生時代からアルバイトで現場を経験。学業修了後は父の会社で働きながら、地元消防団、商工会青年部で活動した。40歳を機に独立を決意し、「HADANO」を設立した。経営者として活躍するとともに、伊豆市の市議会議員も務めている。

HADANO
住所 〒410-2411
静岡県伊豆市熊坂1257-97
URL https://www.hadano2015.com/

吉井 まずは、波多野代表のご経歴から教えてください。

波多野 もともとは、父が手がけている電気工事の会社で働いていました。その傍ら、地元の商工会で青年部長を務めるなど多くの方々と交流を図っていたんです。その中で、より地元に密着した仕事をしていきたいと考え、青年部長の任期を終了したタイミングで独立しました。

吉井 現在はどういったご依頼を受けていらっしゃるのですか?

波多野 以前は、一般の電気工事や空調設備の仕事をメインにしていました。その後、会社の倉庫が泥棒に入られてしまう経験をし、それからは防犯カメラの販売、設置の仕事に力を入れています。

吉井 防犯カメラのお仕事を主業務とする会社は、あまり多くないのでは?

波多野 おっしゃるとおりで、静岡県東部で防犯カメラの設置をメインに手がける会社は1、2社程度しかありません。防犯カメラというと、以前はプライバシーの問題などで導入に抵抗がある方が多かったんです。
 しかし現在は、防犯カメラの映像が事件の早期解決につながるケースがメディアで紹介されることもあり、有益性に関する認知度は高まってきています。事業としてやるメリットは十分にあると言えるでしょう。

吉井 そうなんですね。ところで、代表は伊豆市の市議会議員としてもご活躍中だそうですね。政界に進出しようと思われたきっかけは何だったのですか?

波多野 地元の同世代の方々からの大きな後押しがあったことですね。周囲の方々からのお話しをうかがい、仕事だけでなく、政治活動を通じて地域の方々のお役に立ちたいと考えるようになりました。おかげさまで選挙にも当選でき、会社の設立と同じ2016年から議員として活動しています。

吉井 電気工事のお仕事と議員としての活動で、つながる部分はあるのですか?

波多野 はい。伊豆市議会の中で、自分が最年少議員なので、IT技術などを率先して取り入れようと思い、現在着手しているところです。例えば、市議会の動画をYouTubeで配信するなど、私のこれまでの知見を生かしてさまざまな提案をしているんです。議会の活動を市民の皆さんに伝えることは、情報発信という意味で大切ですからね。現役世代が声を上げ、行政がそれを吸い上げるという形を取っていかないと責任ある街づくりはできませんので、私がその橋渡し役を担えればと考えています。

吉井 地域密着で精力的な活動を続けていらっしゃる代表には頭が下がります。

波多野 ありがとうございます。議員としても経営者としても、今後も地域に貢献、奉仕していく意識で活動を続ける思いは変わりません。目の前の問題を解決して、困っている方々を助けていければ幸いです。

GUEST COMMENT

吉井 怜

波多野代表は社会や地域に対する奉仕の心を強くお持ちで、その姿勢は私も見習わないといけないと感じました。そうした活動をしていくことが、巡り巡って自分にもつながってくるのでしょうね。代表のような方が身近にいてくださるのは、地域の皆さんにとって本当に心強いことだと思います。


amazonからのご注文
2021年3月号
COMPANYTANK 2021年3月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、野球評論家の駒田徳広さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 名高達男 鶴久 政治 水野 裕子 宮地 真緒 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則