インタビュー

サービス

株式会社 ニシテ商会

代表取締役 西手 保
トラックドライバーとして活躍する父親の背中を見て育ち、同業他社で修業を積んだ後に個人事業主として独立した。リーマンショックの影響を受けて経営不振に陥るも、息子の隼人氏と共に新規顧客を開拓し窮地から脱出。2011年には(株)ニシテ商会へ改組した。

営業課長 西手 隼人
他業界で営業職に従事していた経験を持つ。家業の再起に貢献すべく、家業に戻り、前職時代の経験を生かして新規顧客開拓に乗り出した。さらに、職場環境の改善にも注力し、トレーニングジムの併設などの新しい施策で注目を集めている。


株式会社 ニシテ商会
住所 [office]〒455-0874
愛知県名古屋市港区西福田1-906
[本社]〒454-0985
愛知県名古屋市中川区春田1-250
URL http://nishiteshokai.com/

愛知県名古屋市を拠点に運送事業を手がける(株)ニシテ商会。社長の西手氏は歴史ある会社を守りつつも常に業容拡大に努め、息子の隼人氏と共に業界イメージを向上させる斬新な福利厚生の施策も進めている。独自の戦略に、元プロサッカー選手の小倉隆史さんが迫った。


親子二人三脚で乗り越えた窮地

小倉 (株)ニシテ商会さんは30年以上の歴史がある運送会社だそうですね。まずは、西手社長のこれまでの歩みからお聞かせください。

西手(保) もともと私の父親がドライバーとして働いており、その影響を受けて運送業界に歩みを進めることに決めたんです。父親の仕事を手伝いながら他社で修業を積み、その後、個人事業主として独立しました。それからは順調に事業の規模を広げていたものの、2008年のときにリーマンショックが起こり、その影響を受けて一時は売り上げが8割も減ってしまったんですよ。ちょうどその頃に、私の息子の隼人が当社に入社してくれたんです。

西手(隼) 私は他業界で働いていたものの、当時の当社の状態を知り、少しでも力になりたいと考えて入社しました。子どもの頃から、ドライバーの仕事はかっこいいなと思っていたんですよ。当社に入社してからは、ドライバーとしての経験を経て、前職時代の営業経験を生かし、新規顧客の開拓に乗り出すことにしたんです。

小倉 苦境を親子で乗り越えてきたということですね。

西手(保) ええ。息子の頑張りのおかげで、新しいお客様を増やすことができ、なんとか不振から脱却できました。また、同業他社が多くある中でも、単価の設定を低くしすぎず、質の高さにこだわったサービスを提供し続けてきたことも奏功し、お客様と強固な信頼関係を築いてくることができたんです。

凡事徹底の理念を浸透させて

小倉 では、事業の内容についても詳しくお聞かせください。

西手(保) 当社は、企業様専属の運送業者として商品を運ぶチャーター便のほか、急ぎの案件に迅速に対応するスポット便、同じ時間に同じ場所へ決まった商品を運ぶ定期便などを展開しています。そのほかにも、廃棄物の引き取りや引っ越し業務など、個人のお客様向けのサービスにも対応可能です。物流に関することであれば、基本的には何でもお任せいただけますよ。

小倉 多岐にわたる事業を手がけていらっしゃるのですね。事業のフィールドが広がると、従業員の方々それぞれの対応力も大事になってくると思います。育成の面で大切にしていることがあれば、ぜひ教えてください。

西手(隼) あいさつをすることや、身だしなみを整えることなど、人として当たり前にすべきことを徹底的に行える人材の育成を心がけています。というのも、当社は「凡事徹底」を理念にしているからなんです。

西手(保) ひと昔前まで、この業界で働いている人たちの中には、そうした当たり前のことができない人が多くいました。しかし、私は「凡事徹底」はサービスの質の向上にもつながると考えているため、この理念だけはこれまでも貫き続けてきましたし、今後も大事にしていくつもりです。

1 2


amazonからのご注文
2021年10月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、井上尚弥選手を始め数々の世界チャンピオンを輩出している大橋ボクシングジムの大橋秀行会長と、ボクサーを支援しつつ新規事業「ライフメイクパートナーズ」で躍進する日本リアライズ(株)の大橋孝行社長がご登場。互いを兄と慕う2人が、挑戦の意義や逆境を乗り越える方法について語り合う、“ダブル大橋対談”をお見逃しなく!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 矢部 美穂 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 名高達男 杉田 かおる 畑山隆則