• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 IPPO 代表取締役 / クリエイティブディレクター 中野 般

インタビュー

建築

実用性を重要視した設計

矢部 では、主にどのような依頼を受けていらっしゃるのかについてもお聞かせいただけますか?

中野 商業店舗の内装の設計から施工までをご依頼いただくことが多いですね。これまで培ってきた知識を生かして、それぞれの店舗に合った提案をしているんです。例えば(取材時に施工中のような)コンセプトに特徴のある店舗の内装工事にも柔軟に対応させていただいています。また、設計は店舗を利用するお客様と働くスタッフの方々の動線を意識した実用性のあるものとなるように心がけているんです。

矢部 そうなんですね。実用的な内装は、お客様やそこで働くスタッフの方々の居心地の良さにつながると思います。

中野 おっしゃる通りです。多くの方に長く愛され続ける店舗にできるよう、ご依頼主様のご要望も聞きながら、設計も施工も行わせていただいております。

矢部 店舗についてしっかりと考えて提案していただけるとのことで、ご依頼主様からしてもとても頼りになる存在だと思います。ご依頼主様と信頼関係を築いていくうえで大切にしていることがあれば、ぜひ教えてください。

中野 ヒアリングをきちんと行うことです。食材や飲み物のストックを置く場所などの細かい部分にもしっかりと配慮した設計をするために、開店後に提供する予定のお料理やドリンクメニューについてうかがうこともあります。そして、誠実に対応することを大切にし、ご依頼主様にとってメリットになることだけでなくデメリットについてもちゃんとお伝えしているんです。

矢部 具体性のある提案を心がけていらっしゃるということですね。

中野 また、同業他社の中には、リーズナブルな価格で依頼を請け負うことをアピールしているところもあり、コストを削りすぎてしまった結果、ご依頼主様の要望通りにできないということもあります。私はそのようなことにならないよう、適正な価格で設計や施工をさせていただくだけでなくご依頼主様の資金計画もうかがい、事業計画の段階からサポートさせていただきたいと考えているんです。

矢部 そんな社長のもとには、これからも多くの依頼が舞い込んでくることと思います。最後に、会社としてのビジョンについてもお聞かせください。

中野 最近、リピーターとなってくださるご依頼主様が増えており、手応えを感じているところなので、これからも、長くお付き合いできる方を増やしていきたいですね。そして、少しずつ認知度も高めていくことができれば理想的です。「店舗内装のことなら(株)IPPOに」と言っていただけるよう、今後も企業努力を続けてまいります。

GUEST COMMENT

矢部 美穂

「自分が手がけた店舗が、長く続いてくれることが何よりも嬉しいんです」と語ってくださった中野社長。ご依頼主様の見立てが厳しければ率直にお伝えしつつ改善策もしっかりと提案していらっしゃるそうで、とても頼もしい方だと思いました。店舗を新しく開店させたいと考える多くのご依頼主様にとって心強いパートナーとして、これからも活躍し続けてくださいね。

1 2


amazonからのご注文
2021年3月号
COMPANYTANK 2021年3月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、野球評論家の駒田徳広さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 名高達男 鶴久 政治 水野 裕子 宮地 真緒 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則