インタビュー

建築

宮地 こうしてお話を聞いていても、チームワークの良さが伝わってきます。

鈴木 若手の育成に関しては厳しい性格の部長に一任しており、彼の指導を乗り越えたスタッフたちは皆、和気あいあいとした雰囲気になります。抜群のチームワークで日々の工事に汗を流してくれていますね。当社が成長できるのは、一人ひとりのスタッフのおかげです。私は、彼らの頑張りに対して感謝する毎日を送っています。

自社ビル建設を見据えて

宮地 一心同体の仲間が施工するのですから、お取り引き先との関係も大切にしたいですよね。

鈴木 おっしゃる通りです。実を言うと当社は長くお世話になり、心から信頼できる施主様としかお付き合いしないと決めているんですよ。心から信頼できるというのは、率直に申し上げて工事代金を入金してくださる会社という意味でもあります。残念ながらこの業界には、代金を支払わないまま姿をくらます元請けが少なくないんです。私がお人好し過ぎるのかもしれませんが、当社も代金をいただくことができないケースがありました。ですから今は100%信用できるお客様としかお付き合いしていません。

宮地 なぜ、そのような経験をしても前に突き進むことができるのでしょうか?

鈴木 それはスタッフがいるからです。私には彼らやそのご家族を食べさせる義務がありますし、親子のような関係の彼らの生活に責任を持たなければなりません。ですから私は、仕事の受注に失敗した時はスタッフに「ごめんな」と謝ります。「仲間のために」という気持ちが仕事に立ち向かう原動力になっているんです。逆に、自分自身の給料は最低限の生活が送れる程度あれば十分ですね。

宮地 仲間のために頑張る社長は、本当に魅力的な方ですね!スタッフさんが信頼して付いてきてくださるのも当然だと思います。最後に、将来の目標を教えてください。

鈴木 これまでと同様に仲間とのコミュニケーションを充実させ、楽しく仕事を続けることが目標です。ゆくゆくは、太陽光発電の設置に留まらない総合建設会社へと成長していきたい。自社ビルを建てるためにも、このまま走り続けます!

GUEST COMMENT

宮地 真緒

スタッフのために全身全霊で事業に取り組む鈴木社長は、しっかりとした責任感をお持ちで、お人柄も魅力的な方でした。信用とコミュニケーション、そしてフットワークの軽さを大切にする社長。お取り引き先からも信頼されていることがよくわかります。これからもいっそう結束力を固め、(株)真創建さんが発展するように私も心から応援しています!

1 2


amazonからのご注文
2021年3月号
COMPANYTANK 2021年3月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、野球評論家の駒田徳広さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 名高達男 鶴久 政治 水野 裕子 宮地 真緒 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則