インタビュー

建築

一管 株式会社

北海道出身。水道工事業を営む親戚の誘いを受けて、10代で職人の道へ進む。2007年に個人事業主として独立を果たす。業容を拡大し、2009年に一管(株)を設立した。「遊びがあっての仕事。楽しく遊んで、好きなことをやるために仕事をがんばる」をモットーに、従業員たちが働きやすい会社づくりに注力している。

一管 株式会社
住所 [本社]〒241-0801
神奈川県横浜市旭区若葉台2-20-705
[営業所]〒241-0801
神奈川県横浜市旭区上白根町1306-23
URL http://ikkan.co.jp/

給排水衛生設備工事・空調設備設計施工を展開する一管(株)。代表取締役の桂氏は、「遊びがあっての仕事。楽しく遊んで、好きなことをやるために仕事をがんばる」をスローガンに掲げている。常に従業員の目線に立ちながらチームを率いている同氏の経営理念を、野球評論家の駒田徳広さんがうかがった。


逆境を乗り越えて経営を軌道に乗せる

駒田 神奈川県で給排水衛生設備工事などを手がけていらっしゃる一管(株)さん。桂社長はこの業界でのご経験が長いそうですね。

 ええ。私は10代の頃に、水道工事業を営む親戚のもとで働き始めましてね。当初は与えられる仕事を淡々とこなすだけだったものの、経験を積んでいくうちに任される仕事が増えて、仕事に対する意欲が芽生え始めたんですよ。着実に技術を磨き、結婚を機に2007年に個人事業主として独立しました。

駒田 では、実際に独立してみていかがでしたか?

 はじめは経営のことに関して何も知識がない状態だったので、とても苦労しました。それでも、従業員とその家族を守るために必死で歩みを進め、2009年に法人化を果たし当社を設立したんです。とはいえ、それからもなかなか思うように仕事は進みませんでしたね。

駒田 なるほど。大変な状況が続いていたんですね。

 そうなんです。しかしあるとき、このままネガティブな状態で進むわけにはいかないと考えを改め、周囲からのサポートを得てなんとか経営を軌道に乗せることができました。

商業施設や駅の施工に対応

駒田 では、事業の内容について具体的に教えてください。

 当社では、ライフラインに欠かせない水道工事から給排水工事、空調工事までを請け負っています。現在は大型商業施設の施工にも携わっているんです。

駒田 私たちが快適に過ごせるよう施工を通じてサポートしてくださっているのですね。

 ええ。また当社には、管工事施工管理技士や給水装置工事主任技術者、下水道配水設備工事責任技術者などの資格を持った職人がそろっているので、どのような施工も安心してお任せいただけます。さらに当社は、横浜市と川崎市の指定工事業者なので、同業他社が断るような難しい工事内容でも私たちなら対応できるということもあるんですよ。

駒田 それはすごいですね!社長のこれまでの頑張りが、多くのお客様に認められているという何よりの証拠とも言えるでしょう。

 ありがとうございます。お客様を含め、これまで支えてきてくださった方々には感謝の気持ちでいっぱいです。また、先日は元請け様から作業内容や職人の仕事ぶりについてお褒めの言葉が記載されたメールをいただきましてね。このようなメールをいただくことはあまりないので、本当に嬉しかったです。それだけでなく、質の高い施工をする職人たちを誇りに思いました。

駒田 周りからの評価はモチベーションにもつながりますよね。

 そうですね。また、職人たちは皆、この業界で10年以上の経験を持つベテランなんです。そして、皆は私のことを支え続けてくれた大事な存在でもあります。だからこそ、彼らの仕事ぶりが褒められることが、私の励みになっています。

1 2


amazonからのご注文
2021年3月号
COMPANYTANK 2021年3月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、野球評論家の駒田徳広さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 名高達男 鶴久 政治 水野 裕子 宮地 真緒 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則