• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • うつみ療整院 VIMシルバーJrマスター / A級VIM体操指導者 / 認定気導術師 内海 利浩

インタビュー

医療・福祉

うつみ療整院

20歳のときにバイク事故に遭い、4ヶ月入院する大ケガを負う。退院後の2001年、親友が急死してしまったことから心身が不安定になり、一時は起き上がれないほど容体が悪化。あるとき、気導術と出合い施術を受けたところ症状が劇的に改善したため、自らと同じ思いをしている人を助けるべく、施術家になることを決意。修業を積んで、「うつみ療整院」を開院した。

うつみ療整院
住所 〒114-0003
東京都北区豊島8-15-4
バームステージ王子神谷902
URL https://utsuryo.com/

患者の自然治癒力を高める気導術と、国際治療リハビリテーションの分野で信頼度の高いVIM療法を取り入れ、多くの患者を症状改善へ導く「うつみ療整院」。内海院長が施術家を志すまでの半生と、そこで形成された強い信念について、タレントの水野裕子さんが深く掘り下げる。


親友の死と体の不調を乗り越えて

水野 まずは、内海院長の歩みからお聞かせいただけますか?

内海 私は19歳で宮城県から上京しました。その1年後、バイクで大きな交通事故に巻き込まれてしまって。損傷した踵を修復するべく大手術をし、4ヶ月間入院することに。ただ、入院中には毎日、誰かにお見舞いに来てもらう中で人の温かさを再認識できました。特に、両親や兄の献身的なサポートがあったからこそ、今の自分がありますので、とても感謝しています。退院後には自分を常に気にかけてくれる親友もでき、立ち直っていきました。ところが、今度はその親友がある日急死してしまったんです。それで、私はちょうど仕事も忙しい時期だったため、心身のバランスを崩してしまいました。一時は体も起こせないような状態になってしまったんです。

水野 失意の底から再起できたきっかけは何だったのでしょうか?

内海 あるとき、これまで受けたことのない施術を試してみたところ、それから1週間、元気に過ごせました。その施術こそが、気導術だったんです。あまりの効果に「同じように苦しんでいる人を助けたい」という思いが芽生えましてね。何の知識もない状態で日本気導術学会の門戸を叩いたんです。

水野 なるほど。ご自身の症状が完治しない中で、人のためになりたいという気持ちも強くなっていかれたのですね。実際に始められてみて、いかがでしたか?

内海 正直、最初はプロ集団の中に1人だけ素人がいるという感じで、施術をするたびに手汗が止まらなくなるほどでした。しかし、気導術学会の鈴木眞之会長や鈴木貴樹本部長をはじめ、講師の先生方や多くの仲間たちに助力をいただきながら、一歩ずつ技術を磨いていったんです。そのほかにも、大阪の岸和田でヒーラーとしてご活躍されていた浄心庵の長尾弘先生は、実際にお会いする中でたくさんの学びを与えてくださいました。先生方、出会った患者様に助けていただき、成長することができたんです。そうして活動を続けるうち、「もっとバージョンアップしながら、オリジナルの施術を提供したい」と考えるようになったことから、この「うつみ療整院」を開いたんです。

1 2


amazonからのご注文
2021年9月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ドラマやバラエティ番組で活躍中の女優・田中道子さんがご登場!内向的だったという幼少時代から、仕事における信念、地方活性化への思いまで、ここでしか読めない内容がたっぷりのインタビューです!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 矢部 美穂 名高達男 水野 裕子 時東ぁみ 宮地 真緒 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則