• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • ボヌール合同会社 / 高級食パン専門店 なま剛力スタジアム / 個別指導 Wam 代表 田中 竜二

インタビュー

卸・販売

ボヌール 合同会社 / 高級食パン専門店 なま剛力スタジアム / 個別指導 Wam

20代の頃から飲食業界で経験を積む。次第に独立を志すようになり、宅配ピザチェーンのフランチャイズに加盟し、大阪府で店舗開店を計画する。しかし開店直前に阪神淡路大震災が発生し、開店を断念した。その後、ベーカリーのプロデュースや販売コンサルティングを手がけるジャパンベーカリーマーケティング(株)との出合いを機に、食パン専門店「なま剛力スタジアム」を手がけるボヌール(同)を設立。現在は、ベーカリーの運営の他、学習塾も展開している。

ボヌール 合同会社
住所 〒373-0815
群馬県太田市東別所町476-4
高級食パン専門店
なま剛力スタジアム
住所 [群馬 太田店]〒373-0818
群馬県太田市小舞木町527-1
舞昇ビル1
[群馬 伊勢崎店]〒372-0801
群馬県伊勢崎市宮子町3420-8
サンヒルズ宮子 101
URL https://www.namagoriki.com/
個別指導 Wam
住所 [太田 東長岡校]〒373-0812
群馬県太田市東長岡町1691-1
もくすいビル 1F

群馬県にて食パン専門店と学習塾のフランチャイズ店舗を経営するボヌール(同)。代表の田中氏は共に働く従業員の幸せを何より重んじ、その幸せを地域に広げていくことをミッションに掲げている。その強き信念の根源にあるものは何か、女優の大路恵美さんが迫った。


苦境を乗り越え独立

大路 ボヌール(同)さんでは、食パン専門店「なま剛力スタジアム」などを運営しているそうですね。まずは田中代表の歩みから教えていただけますか?

田中 私は20代の頃から飲食業界で働いてきました。そしていずれは独立をしたいと考えていたんですよ。そこであるとき、宅配ピザチェーンのフランチャイズに加盟して大阪に店舗を出すことになったんです。準備は順調に進んでいたものの開店直前に阪神淡路大震災が発生しました。そして、開店予定だった場所も被災したため開店を断念したんです。

大路 それは大変な経験をされましたね。私も実家が兵庫県なので、当時の惨状は記憶に残っています。その苦境からどのように立ち直られたのでしょうか?

田中 当時すでに私には妻子がいたので、すぐに就職先を探して働き始めました。そして、さまざまな場所で働く中で、ベーカリーのプロデュースを手がけているジャパンベーカリーマーケティング(株)さんの存在を知ったんです。そして、思い切ってもう一度独立し、ベーカリーを立ち上げようと考え、ジャパンベーカリーマーケティング(株)さんの力を借りながら「なま剛力スタジアム」を立ち上げました。

大路 とても印象的な店名ですよね。外観もピンクの塗装でとてもかわいらしい印象です。

田中 ありがとうございます。女性のお客様にかわいいと思っていただけるお店にしたかったんですよ。嬉しいことに開店当初から多くのお客様にご愛顧いただき、群馬県内では2店舗を展開しているんです。2021年には茨城県にも出店する予定で、現在準備を進めているところですよ。

品質にこだわる製法で人気を獲得

大路 近年は食パン専門店が増えてきているように感じます。その中でも、こちらの食パンの特徴はどのようなものなのでしょうか?

田中 当店の食パンの一番の特徴は、国産バターのみを使用していることです。食パンは一般的に、マーガリンとバターを使用してつくられることが多いんですよ。マーガリンには健康被害を与える可能性のあるトランス脂肪酸が含まれていましてね。当店の食パンを安心して召し上がっていただくためにも、バターのみを使って安全性の高いものを製造しています。その他にも、生クリームをはじめとするすべての原材料を無添加のもので統一しているんです。もちろん品質管理は徹底していて、お客様からも「ここの食パンはおいしいし安心して買うことができる」とご好評の声をいただいているんですよ。

1 2


amazonからのご注文
2021年1月号
COMPANYTANK 2021年1月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元サッカー日本代表選手の巻誠一郎さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 名高達男 鶴久 政治 宮地 真緒 駒田 徳広 矢部 美穂 時東ぁみ 杉田 かおる 畑山隆則