インタビュー

サービス

JUMP運送

学生時代から引越しのアルバイトに携わり、やがて大手引越し業者に勤務。7年間にわたって、ノウハウを積む。その後中古車販売の営業職に転身するも、次第に引越し業界で質の高いサービスを提供したいと考えるように。再び引越し業界に戻り、「JUMP運送」を立ち上げた。

JUMP運送
住所 〒195-0064
東京都町田市小野路町1-1-2 202
URL https://jump-unso.com/

水野 本日は、東京都町田市を拠点に引越しサービスを手がけている「JUMP 運送」さんにお邪魔しています。清沢代表は、長い間引越し業界で活躍されてきたとうかがいました。

清沢 はい。私は学生時代から引越しのアルバイトに携わってきました。次第にやりがいを感じるようになり、そのまま大手引越し業者に勤務し、7年間ほど作業技術や梱包、接客などについて学んだんです。ところが、25歳のときに将来の体力面などを考え、一度引越しの仕事から離れることになりましてね。その後は、中古車販売の営業をしていました。そこでは、高級車を取り扱っていることもあって、サービスの質が非常に良かったんです。接客について学んでいく中で、「引っ越し業界もサービスを丁寧にすれば、よりお客様に喜んでいただけるのではないか」と考えるようになりました。そして、再び引越し業界に戻り、高品質のサービスを提供する引越し会社として、「JUMP運送」を立ちあげたんです。

水野 確かに、引越しの際は荷物を雑に扱われてしまうことも少なくありませんよね。

清沢 水野さんのおっしゃるとおりで、引越しの業界では慣例的に、仕事が早い人や重い冷蔵庫を一人で運ぶような人が重宝される傾向にありました。そのために、お客様のニーズに応えきれなかったり、荷物をつい雑に扱ってしまったりということが増えていたのです。一方当社では、荷物を丁寧に運ぶ、梱包をきちんと行う、時間を守る、お客様に感じよく接するなど、引越しをサービスだと捉え作業をするようにしているんですよ。

水野 そこまで丁寧にしていただけると、お客様も嬉しいでしょうね。そうしたサービスを提供するためには、スタッフさんの教育も大事だと思います。人材育成についてはいかがですか?

清沢 当社では、基本的には未経験の人材を採用するようにしています。というのも、引越し業界の慣習が身についている人よりも、何も知らない人のほうが最終的には当社の理念に沿った形で成長してくれると思っているからなんです。荷物の持ち方などは、数ヶ月経験してもらえれば身についてくるものなので、指導の際は段取りや接客、梱包や養生など、サービスに関わる部分を重点的に指導しています。

水野 お客様に喜んでいただけると、やりがいも大きいでしょうね。

清沢 ええ。実際に利用してくださったお客様からは、「仕事が丁寧で良かった!」「周りに紹介するね」など数多くの喜びの声をいただいて、大きなやりがいと手応えを感じているんです。サービスの質のことだけを考えて仕事をしていれば、自ずといい評判も広まっていくと考えているので、これからも一つずつの仕事を丁寧に行い、お客様に喜んでいただけるサービスを提供してまいります。

GUEST COMMENT

水野 裕子

今の世の中は薄利多売のやり方だけでなく、質の良いものにきちんと対価を払う、という考えも定着してきています。引越しに丁寧さを求める方は多いでしょうし、清沢代表のお考えは、多くの人に受け入れられると思います。今後も、お客様に寄り添ったサービスを提供していってくださいね。


amazonからのご注文
2021年1月号
COMPANYTANK 2021年1月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元サッカー日本代表選手の巻誠一郎さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 鶴久 政治 宮地 真緒 駒田 徳広 矢部 美穂 時東ぁみ 水野 裕子 杉田 かおる 畑山隆則