• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • ファイナンシャルゲートキーパー 株式会社 代表取締役 沼田 尚晃

インタビュー

スペシャリスト

稼いだお金を「生きたお金」に

水野 すると、ファイナンシャルゲートキーパー(株)さんの事業も、保険の営業だけでなく資産の総合アドバイザーを務めることなのでしょうか?

沼田 水野さんのおっしゃるとおりです。保険というと身の回りに不幸があったり、ご自身の体調に不安を感じたりしたときに加入を考えるのが一般的ですよね。その点、当社の活動は、お客様の大切な資産を自分やご家族のために有効に使い、充実した人生を送るサポートをすることなんですよ。

水野 ぜひ、詳しいサポート内容をお聞かせください。

沼田 相続・認知症による資産凍結対策や、事業継承から住宅ローンのご相談以外に、給料、事業収入、退職金、保険、資産運用のご相談といったお金にまつわるあらゆるコンサルティングをご提供しています。もちろん、そのためには税理士さんや行政書士さん、弁護士さんなどの協力が欠かせません。当社では案件ごとに深い知識を持つ先生方とチームを組み、お客様の大事な資産を守る活動に全力で取り組んでいます。

水野 それは頼もしい。今はコロナ禍で、特に中小企業の経営者にとって大変な苦労が続いています。そのような状況を打開するためのサポートもしてくださるのでしょうか?

沼田 ご安心ください。確かに、現在は飲食店を中心に苦難の時期を迎え、金融機関から資金を調達したくても貸し渋りに遭ってしまう状況です。しかし、当社はそのような時代でも歩みを止めません。夢を語りながら攻め続ける勇気を持った経営者さんを、実績十分の士業の先生方と一緒に力いっぱいバックアップしています。

水野 力強いお言葉に感銘を受けました。なぜ、社長は人のためにそこまで尽くすことができるのですか?

沼田 人生を充実させるには、せっかく稼いだお金を「生きたお金」にしないと意味がありませんよね。ましてやコロナ禍の時代には、手元にキャッシュを残さなければ不安を取り除くことができないからです。さらに言えば、これまで私を可愛がってくださった人生の先輩や経営者は、見事なオーラを放っていました。ものすごい実績を上げているのに、それをひけらかすことのない謙虚なお人柄の方ばかりだったんです。では、どうしてその方々が光り輝いているのか。それは、生きたお金を持っているからなんですよ。だから私は、どんな時代であろうとも資産の面からお客様の人生を支えようと決意し、私自身も同じように年齢を重ねようと努力しています。

顧客の資産を守る門番として

水野 大勢の方の人生を支えるお仕事は、やりがいと充実感に満ちているのでしょうね。

沼田 はい。お客様から「ありがとう」とおっしゃっていただけた瞬間は、何よりの喜びを感じます。「ファイナンシャルゲートキーパー」という社名は、“金融の門番”であれとの思いを込めてつけました。私たちはお客様の資産を守る強力な門番として、今後も驕らず謙虚に走り続けていきます。

水野 社長の思いが社名に込められているのですね。最後に、挑戦を続ける社長が大切にしていらっしゃるポリシーをお聞かせください。

沼田 よく、「人生はgive and take」と言いますよね。でも私は、人生には「give」しかないと考えているんです。必要以上の見返りは求めていません。私たちをパートナーとして選んでくださった以上、きっちりと仕事を行い、ご期待を超える成果でお返ししたいという気持ちで常に臨んでいるんです。今後もこのポリシーを貫きながら、お金に関わるプロのアドバイザーとして、一人でも多くの方のサポートができるように、歩みを止めずにやり抜きます。

GUEST COMMENT

水野 裕子

お金のことは誰に打ち明ければいいかわからないものです。その点、豊富な知識をお持ちで、お客様や士業の先生方とのつながりを大切にする沼田社長であれば、安心して相談できるし、説得力のある回答を提示してくださるのは間違いありません。スタッフさんと共に、これからもお客様の大切な資産を守り続けていただきたいですね。私も応援しています!

1 2


amazonからのご注文
2021年11月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、井上尚弥選手を始め数々の世界チャンピオンを輩出している大橋ボクシングジムの大橋秀行会長と、ボクサーを支援しつつ新規事業「ライフメイクパートナーズ」で躍進する日本リアライズ(株)の大橋孝行社長がご登場。互いを兄と慕う2人が、挑戦の意義や逆境を乗り越える方法について語り合う、“ダブル大橋対談”をお見逃しなく!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 水野 裕子 矢部 美穂 時東ぁみ 名高達男 宮地 真緒 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則