インタビュー

建築

目標設定と達成のサイクルで成長

西岡 では、現在どのような案件を請け負っていらっしゃるのかについてもお聞かせいただけますか?

濱口 私自身が足場職人として豊富な経験を持っているということもあり、メインで手がけているのは仮設足場工事ですね。ただ、当社にはさまざまな技術を持った職人が多数在籍しています。各現場で必要な資格も保有しているため、解体工事や新築改修工事、プラント工事など、どのようなご依頼・現場にも対応できる体制が整っているんです。最近は、公共事業関係の工事を任せていただくことも多いんですよ。

西岡 多様な現場に対応いただけるとのことで、頼もしいです。建設関係のお仕事であれば、どんな内容でもご相談させていただけるということですね。

濱口 ええ。仮に私の専門外のご依頼が入ったとしても、対応できる職人を集めてしっかりと施工させていただきたいと思います。そうした臨機応変に対応できる組織をつくるために努力することが私の仕事だと言っても過言でありません。

西岡 そのスタイルを貫くために、現場の職人さんたちとの連携も重要になってくることと思います。コミュニケーション面では、日頃からどんなことに気を付けていらっしゃいますか?

濱口 大事にしているのは、職人たちのどんな話も真剣に聞くことですね。立場が上の人間に相談をするというのは勇気がいることです。だからこそ、普段から些細な悩みごとも相談しやすい環境をつくり、本人のことはもちろん、彼らの家族のことまで考えて向き合ってあげたいと思っています。また、現場の職人同士でも先輩後輩や年齢関係なく、お互いを気遣い合おう、と皆に話しています。

西岡 職人さんたちにとって働きやすい環境づくりに注力していらっしゃる、と。社長は心から職人さんたちを大切にしていらっしゃるんですね。

濱口 ええ。建設業の仕事は大変なことがたくさんあります。私一人では、ここまで会社を成長させることはできなかったでしょう。私のことを信頼し支えてくれる仲間がいるからこそ、今の自分があるのだと思うんです。だからこそ、家族同然の存在である彼らを守りたいという気持ちこそが、私にとって何よりの原動力にもなっています。また、私は常に上を目指し、達成したらまた新しい目標を設定することを繰り返して成長していきたいんです。そんな挑戦心も、私の仕事に対するモチベーションになっているかもしれません。

西岡 そのような向上心を常に持っていらっしゃる社長の姿勢が、お客様や職人さんからの信頼につながり、これからも多くの人が集まってくることでしょう。では最後に、会社としての将来のビジョンについてはいかがですか?

濱口 人間には限界がないと考えているので、最終目標などを定めることはせずに、これからも挑戦し続け、業容を拡大していきたいですね。そして多くの方に認知していただき、社員が当社で働いていることに誇りを持てるような会社にしたいと思います。そのために、新しい人材も積極的に採用し、仲間を増やしていきたいです。

GUEST COMMENT

西岡 利晃

「自分たちを信用して依頼をしてくださる方がいらっしゃる以上、私たちはしっかりと責任を果たす必要があるんです」と語ってくださった濱口社長。お仕事に対する真摯な姿勢には感銘を受けましたし、1つの目標を達成しても満足せず向上心を持ち続けられるストイックさはアスリートにも通ずる部分があり、勉強になりました。

1 2


amazonからのご注文
2021年1月号
COMPANYTANK 2021年1月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元サッカー日本代表選手の巻誠一郎さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 名高達男 鶴久 政治 宮地 真緒 駒田 徳広 矢部 美穂 時東ぁみ 杉田 かおる 畑山隆則