インタビュー

IT

対応力を武器に多様なソフト開発を

西岡 社長ご自身も大学院に通われ組織の中で働いていたご経験をお持ちなので、企業側と人材側という双方の目線で物事を考えられる点は、他の方にはない強みだと思います。

堀田 そうですね。内情を知っているからこそ、一人ひとりと親身に向き合っていけると思いますし、そこは大きなアドバンテージになると確信しているんです。また、学生時代から学者の方々と交流し、人脈を広げてきたということも、これからの事業の拡大に役立つのではないかと思っています。

西岡 事業内容としては、やはり知見の深いソフトウェア開発を軸に展開していらっしゃるのでしょうか?

堀田 はい。主に企業様からの業務委託を受けて、法人向けSaaSシステムといったソフトウェア・システム開発を手がけています。ただ、事業内容に関しては1つに絞るつもりはなく、これから入ってきてくれる人材の能力や適正に合わせて、柔軟に広げていきたいと考えているんです。博士号を取得できるような方は、たとえ自分の専門外の分野に飛び込んだとしても、そこにしっかり適応して未知の領域を開拓していく力を持っていると思うんですよ。だからこそ、その能力がしっかり発揮される基盤をつくり、社会へ示していくことが私の役目だと思っています。

関西の星として輝く

西岡 まだまだこれから飛躍されていくことと思います。今後のビジョンについてはどのようにお考えですか?

堀田 まずは実績をつくっていくことが大事だと思うので、人脈を駆使して優秀な人材を集め、一つひとつの仕事を丁寧にこなす中で会社の認知度を高めていきたいと考えています。
 また、私は関西で事業を立ち上げたということにも大きな意味があると思っているんです。今の東京一極集中型のビジネスでは、いずれ限界が訪れ、地方は干からびてしまうでしょうから、私が先陣を切って、関西から日本社会を盛り上げていきます。

西岡 熱い信念を持っていらっしゃる社長のもとには、必ず志を共にできる仲間が集まってくるはずです。未来の仲間へ、最後にメッセージをお願いします。

堀田 皆さんの才能をしっかり生かせる場所を用意しているので、共に日本の社会へ貢献していきましょう。

GUEST COMMENT

西岡 利晃

「自分のことよりも、いかに社会に貢献するかということをずっと考えてしまうんです」と笑っていらっしゃった堀田社長。世の中をより良くするために、ここまで献身的に活動できる方は稀有だと思います。優秀な人材が活躍する場が増え、条件面が改善されれば、救われる方も増えるでしょうから、ぜひ社長にはその好循環を生み出していただきたいですね。

1 2


amazonからのご注文
2021年1月号
COMPANYTANK 2021年1月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元サッカー日本代表選手の巻誠一郎さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 名高達男 鶴久 政治 宮地 真緒 駒田 徳広 矢部 美穂 時東ぁみ 杉田 かおる 畑山隆則