インタビュー

製造・技術

「正規ディーラー経由」は自信の表れ

内山 現在どのようなお仕事の依頼を受けていらっしゃるのかについても、詳しくお聞かせください。

岡本 大手自動車メーカーの正規ディーラーと連携し、下請けとして鈑金塗装を手がけています。近年は格安での修理を謳う業者も増えているものの、実際にはディーラーを介したほうが使える保険金が多く、お客様は結果として安価で高品質なサービスを受けられるんです。私たちは、そんなディーラーの縁の下の力持ちとして責任をもって整備しています。

内山 なるほど。お客様にとっても最も確実なルートの一旦を担っていらっしゃるのですね。その分、自ずと期待も高くなりそうです。プレッシャーを感じられることはないのでしょうか?

岡本 確かに信頼性を強みに掲げている以上、完成度の高さが求められますし、お客様の目も厳しくなります。ただ、それは自分たちの技術の高さをアピールできるチャンスだと捉えているんです。鈑金塗装の特性上、施工箇所とそれ以外の場所をまったく同じ色にすることはできない。しかし、いかにそこに近付けていくかという部分で、全員が究極までこだわるようにしているんです。

内山 頼もしいお言葉です。自分たちの技術力に自信があるからこそ、あえてレベルの高い場所で挑戦されていると。ちなみに社長ご自身は、現在も施工に携わっていらっしゃるのですか?

岡本 いえ。現在は管理業務に注力しているので、普段の施工は社員たちに任せるようにしていますよ。当社の社員たちは皆、仕事に対する強いこだわりを持っていて、常に最高の仕上がりになるよう努力しています。

車に乗る楽しさを伝えたい

内山 お話をうかがっていると、社長が心から車を愛し、真摯に仕事と向き合っていらっしゃる様子が伝わってきます。私も車は大好きで、やはり整備や修理をお任せするなら、車愛にあふれる方が良いです。

岡本 そう言っていただけると嬉しいですね。お客様から「どこを直したかわからない」と、お褒めの言葉をいただけることがやりがいです。最終的には、同業者の方が見てもわからないほどの仕上がりを目指したいと思っています。

内山 そんな社長のもとには、この先もたくさんのお客様が集まってくるでしょう。さらなるご活躍がますます楽しみになりました。今後のビジョンなどがありましたら、ぜひお聞かせください。

岡本 近年は自動運転の技術も進み、鈑金塗装の仕事はいずれなくなるとも言われています。けれど、どれほどテクノロジーが進歩したとしても、車に乗る楽しさは残り続けると信じているので、私たちはそこへアプローチしたいですね。
 また、私は新たに心理学の資格も取得しました。社員とのコミュニケーションに生かすことはもちろん、講義やセミナーの開催など新しい一歩も踏み出していこうと思います。

GUEST COMMENT

内山 高志

「いつか一生に一度は、自分の車に自分の技術をフルに使ってみたいと思う」と、笑顔で語ってくださった岡本社長。車のことを話されている間は常に、少年のように目を輝かせていらっしゃる様子が印象的でした。これだけ車を愛していらっしゃる方なら、どんな修理・整備も間違いなく仕上げてくださると思います。一人でも多くの車乗りに知っていただきたいですね。

1 2


amazonからのご注文
2021年1月号
COMPANYTANK 2021年1月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元サッカー日本代表選手の巻誠一郎さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 鶴久 政治 宮地 真緒 駒田 徳広 矢部 美穂 時東ぁみ 水野 裕子 杉田 かおる 畑山隆則