インタビュー

サービス

株式会社 弁天

代表取締役 磯山 淳
東京都伊豆大島出身。大学時代にスイミングスクールでアルバイトをしたことがきっかけでそのまま就職する。その後、市民プールなどスポーツ施設の管理をする会社を立ち上げた。建物清掃の方面へも事業を拡大すべく(有)スポーツファンダメンタルズを設立。昨今の女性の社会進出や、少子高齢化をふまえて、家事代行サービスにも着手することを決意し、2020年に(株)弁天を立ち上げた。

サービスクリエイター 熊谷 敬子
宮城県仙台市出身。幼少期から家事をする環境で育ち、10代で家事全般をこなす。その後、発達障害や生きにくさを抱えた人々、片付けを苦手とする人と向き合う中で自らの使命に気付く。接客業、家事代行業の2社を経験後に単身上京。家事代行業を奮闘する中で、磯山氏と出会う。

株式会社 弁天
住所 [本社]〒152-0012
東京都目黒区洗足2-26-8
[新宿事務所]〒161-0033
東京都新宿区下落合3-9-22
URL https://www.benten-kaji.co.jp/

東京都を拠点に家事代行サービスを手がける(株)弁天。社長の磯山氏は、少子高齢化で人間関係が希薄になる世の中を変える使命感を持って起業に至ったという。サービスの根幹を担う熊谷氏も交えて、野球評論家の駒田徳広さんがその信念に迫った。


移りゆく社会に貢献し続けるために

駒田 磯山社長は、もう長く事業家としてご活躍されているそうですね。このたび、新しく会社を立ち上げられるまでの歩みからお聞かせいただけますか?

磯山 私はもともと競泳に打ち込んでおり、社会人一歩目の就職先もスイミングスクールだったことから、初めはプール管理の事業を立ち上げました。ただ、当時はライフセービングの競技も開始した頃で、正直に言うとさほど会社経営に集中していたわけではなかったんです。

駒田 なるほど。当初はご自身が打ち込んでいらっしゃる水泳競技の延長線上に事業もあったのですね。では、転機はどのような形で訪れたのですか?

磯山 あるとき、社員の1人が「このままでは結婚もできないな」と吐露しているのを耳にしまして。「もっと経営者として責任を持って、社員の生活を支えなければ」と、自戒の念が湧いてきたんです。それからはしっかりと仕事とも向き合えるようになり、建物清掃業など少しずつ業容を拡大していきました。2010年頃のことです。

駒田 それからまた10年が経ち、現在は新たな分野へ挑戦されようとしているそうですね。その経緯についても教えてください。

磯山 昨今の世の中の流れを見ていると、女性の社会進出だったり、少子高齢化によるお年寄りの孤立だったり、さまざまな変化がありました。そうした社会的な大きな動きに、何か自分も寄与できることはないかと考え続けた結果、たどり着いたのが家事代行サービスだったんです。私自身にとっては未知の分野だったものの、その当時、ちょうど知り合いになった熊谷が精通していましてね。「それなら二人で始めよう」と、当社を設立しました。

1 2


amazonからのご注文
2021年3月号
COMPANYTANK 2021年3月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、野球評論家の駒田徳広さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 時東ぁみ 名高達男 宮地 真緒 水野 裕子 鶴久 政治 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則