• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • やぎはし整体院 株式会社 代表取締役 / 院長 / 理学療法士 八木橋 宏幸

インタビュー

医療・福祉

やぎはし整体院 株式会社

小学生から大学生時代までバスケットボールに熱中するも、競技中のけがが原因で選手生命を絶たれる。大学教授の勧めで理学療法士を目指すことを決意し、資格取得後は整形外科に入局。5年ほど修業を積んだ後、2013年に「やぎはし整体院」を開院した。

やぎはし整体院 株式会社
住所 〒277-0862
千葉県柏市篠籠田132-6
グリーンハイム柏1F
URL https://yagihashiseitai.com/

石黒 こちらは、スポーツ選手や芸能人の方も足繁く通う整体院だとうかがっています。まずは、八木橋院長が独立されるまでの経緯からお聞かせください。

八木橋 私は大学生まではとにかくバスケットボールに打ち込んでいました。ある時に左膝の半月板を損傷する大けがをしてしまいまして。手術をしたものの完全には回復せず、そこで競技生活に終止符を打つことになったんです。

石黒 それはおつらい経験をされましたね。そこから、新しい道を模索し始めたということでしょうか?

八木橋 はい。大学の教授から「治療家の世界はどうだ」と勧めていただいたことがきっかけで、理学療法士を目指すことを決め、専門学校に入学し直して資格を取得しました。その後は、運良くプロアスリートが通う整形外科で臨床実習を行うチャンスを得て、そのまま入職して5年ほど修業を積んだんです。そこの院長とは今でも親交があり、治療のことはもちろん経営のことも師匠として事細かにアドバイスしていただいているので、本当に感謝していますね。

石黒 では、独立するタイミングはどのようにして訪れたのでしょうか?

八木橋 長く整形外科に勤務する中で、「この患者様にはもっとこういう治療が必要だ」と自分なりに思う機会が増えてきました。それで、より柔軟性の高い治療を行うために、2013年に自身の整体院を開業したのです。

石黒 現在は、どのような患者様が多くいらっしゃるのですか?

八木橋 部活動中にけがをしてしまった中高生や、長年にわたって腰や首の痛みに悩まされている高齢者の方、さらには産後の腹直筋離開でお悩みの方までさまざまな症状の患者様がいらっしゃいます。そして、当院では一人ひとりにしっかりと寄り添いながら、関節運動学的アプローチや筋硬結に対する治療、筋膜リリースといった技術を組み合わせて最適な治療を手がけているのです。

石黒 院長ご自身が、かつてけがに悩まされた経験をお持ちというのは、患者様の気持ちを理解するうえで大きいでしょうし、そういう方が寄り添ってくださるなら非常に安心感がありそうです。

八木橋 そう言っていただけると嬉しいですね。また、当院では手術を回避できる治療に注力しており、ほとんどの患者様を手技だけで改善へ導いているというのも大きな特長です。「複数の院を回ったけど良くならなかった」「手術しかないと言われた」という方こそ、ぜひ一度当院に足を運んでいただきたいですね。

石黒 今後についてはいかがですか?

八木橋 ゆくゆくはベッド数を増やせるよう、広いところへの移転も考えているんです。自分と同じ治療ができる人間も増やしていきたいので、人材育成にも注力しつつ、この先も努力し続けてまいります。

GUEST COMMENT

石黒 彩

とても明るい雰囲気をお持ちで、施術に確固たる自信を持っている八木橋院長。日常的に痛みがあると精神的にもストレスが溜まりますから、院長のような方が側にいてくださると心強いと思います。これからもその技術と柔らかいお人柄を武器に、たくさんの方を癒して差し上げてください。


amazonからのご注文
2020年11月号
COMPANYTANK 2020年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、競輪選手の佐藤慎太郎さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 鶴久 政治 駒田 徳広 名高達男 時東ぁみ 宮地 真緒 水野 裕子 杉田 かおる 畑山隆則