インタビュー

サービス

デルフィーノ

学業修了後は道路標識などを扱う企業に就職する。程なくして、知人からの誘いを受けて大手カー用品チェーンへ転職。自動車整備の知識と技術を身に付けながら店長に昇格した。さらなるキャリアアップを見据え大手運送会社に移籍するも、仕事中に腰を痛めてしまう。それを機に働き方を見直し、新たな道を模索する。これまでの経験を生かして地域貢献につながる事業の立ち上げを志し、中古車の販売・レンタカー事業を手がける「デルフィーノ」を立ち上げた。

デルフィーノ
住所 〒260-0854
千葉県千葉市中央区長洲1-10-10
第2 ITOビル 202
URL https://delfino0707.com
MAIL info@delfino0707.com

2020年7月に創業した「デルフィーノ」は、千葉県を拠点に中古車販売とレンタカー事業を手がける会社だ。代表の小野寺氏はこれまでに大手カー用品チェーンや大手運送会社での勤務経験を持ち、そこで得た自動車のさまざまな知見を今の事業に生かしているという。同氏の掲げる独自の営業戦略とビジョンについて、タレントの水野裕子さんが話をうかがった。


紆余曲折の人生を糧にして

水野 こちらは2020年に立ち上げられたばかりの会社だとうかがっています。小野寺代表はこれまで、さまざまなご経験を積まれてきたそうですね。歩みからお聞かせいただけますか?

小野寺 私は学業を終えると道路標識を扱う会社に就職しました。そして、そこで出会った同僚が大手カー用品チェーンに転職しましてね。一緒に働かないか、と声をかけてくれたんですよ。それがきっかけで、私も自動車の世界に足を踏み入れたんです。当初は右も左もわからない状態ですから、オイル交換やパイプ交換など基礎的な技術を身に付けつつ、一から自動車のことを学びました。

水野 未経験の分野に飛び込まれたということで、大変なことも多かったことと思います。では、当時を振り返ってみて、印象に残っていることがあれば教えてください。

小野寺 ある程度仕事に慣れてきて、新たにオーディオ販売の業務を任されるようになったときのことが印象に残っていますね。オーディオ機器は秋から冬にかけてよく売れるんですよ。しかし、私はちょうどその時期に販売していたのにもかかわらず、売り上げを伸ばすことができずにいたんです。どうしてうまくいかないんだろうと悩むうちに、短期間で10kg以上も痩せてしまいました。

水野 なるほど、そこで壁にぶつかられたということですね。その苦境をどのように脱出されたのでしょうか?

小野寺 何がいけないのかを考えるうちに、自分がお客様の声をあまり聞いて来なかったことに気が付いたんです。そこで、もっとお客様からのご要望に耳を傾けて、それをかなえられる提案をするようにしようと気持ちを切り替えることができました。ニーズに応えるためには深い商品知識も必要になります。そのため、商品に関してわからない部分があればすぐにメーカーに連絡を入れて、納得できるまで話を聞くなど自分なりに工夫をして知識を養うよう努めていました。そして、そうした工夫をし始めたところ、売り上げを向上させることができたんです。その実績が認められて副店長、店長と順調に昇格していき、店長としては10年ほど店舗運営を任せていただきました。

水野 真摯に仕事と向き合った結果、大きく飛躍されたのですね。そのまま勤め上げるという選択肢もあったかと思います。その後はどうされたのですか?

小野寺 しばらくして上層部と考えの合わない部分が出てきたことから、そろそろ潮時かな、と転職を決意し、33歳で大手運送会社に入社しました。私はセールスドライバーとして働き始めたものの、未経験でのスタートだったのでやはりうまくいかないことも多くて。とにかく、自分が担当している地域にあるすべての店舗様に朝・昼・晩と欠かさずごあいさつにうかがうようにしました。そして地道に営業活動する中で、少しずつ集荷数を増やしていったんです。

起業家へ転身を果たす

水野 ご苦労されながらも、コツコツと努力を続け、置かれた環境に適応していかれるところに、代表の誠実さや能力の高さがうかがえます。独立のタイミングはどのように訪れたのでしょうか?

小野寺 自分の中で大きな転換点になったのが、腰を痛めてしまったことでした。ある日、重い荷物を運びながら階段を登っていたところ、ヘルニアを発症してしまって。運送業を続けられなくなったことはもちろん、それから他の職に移ったものの腰の痛みが原因で長く続けらない状況だったんです。最終的には、海外自動車メーカーに勤務しつつ、新しい道を模索していました。そんな折、立て続けに両親と兄が他界し、自分は何かをするために生かされているのかもしれないと感じまして。長年関わり続けてきた自動車の分野で地域の皆様のお役に立つために、起業したというわけです。

水野 実際にスタートされてみて、手応えはいかがでしたか?

小野寺 まず、地元の方々には、開業すると同時にごあいさつにうかがったんですよ。すると、皆様暖かく応援をしてくださいましたね。おかげさまで順調に滑り出すことができましたし、信じてくださった方々のためにも努力しなければ、と決意も新たになりました。

1 2 3


amazonからのご注文
2020年11月号
COMPANYTANK 2020年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、競輪選手の佐藤慎太郎さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 鶴久 政治 駒田 徳広 名高達男 時東ぁみ 宮地 真緒 水野 裕子 杉田 かおる 畑山隆則