インタビュー

建築

第一共創建設 株式会社

建設業界で活躍する父親のもとで育つ。3歳から柔道に取り組み、大学では体育学部武道学科を専攻する。持病の影響を受けて柔道から離れるも、大学を卒業することを決意。自身で学費を捻出するため、在学中に建設業界で働き始め、独立し第一共創建設(株)を立ち上げた。

第一共創建設 株式会社
住所 〒299-1127
千葉県君津市郡1-4-11
URL https://www.1st-kyoso.com/

千葉 建設事業を手がけていらっしゃる第一共創建設(株)さん。まずは、鈴木社長の歩みからお聞かせください。

鈴木 私は建設業界で働く父親のもとで育ちました。もともと、父親と同じ道へ歩むことは考えていなかったんですよ(笑)。いずれは警察官か教員になろうと思っていたんです。一方で、3歳から柔道に取り組んでいましてね。そこで、大学では体育学部武道学科を専攻しました。しかしあるとき、メディカルチェックを受けたところ、持病のヘルニアの悪化を防ぐために、もう柔道を続けないほうが良いとお医者さんから言われてしまったんです。大学に入学して1ヶ月後の出来事でした。

千葉 それは、とてもつらい出来事だったと思います。

鈴木 3歳から続けてきた柔道をやめるように言われたので、本当にショックでしたね。大学にこのまま通い続けるべきか迷う中で、母親から背中を押されて、しっかり卒業はしようと決めたんです。しかし、学費は自分で払おうと思いましてね。そこで、お金を稼ぐために建設業界で仕事を始めることにしたんですよ。

千葉 では、当時は学校に通いながら職方としての修業も積んでいたということですね。

鈴木 はい、2年ほどは学業と職方の仕事の両方をこなす生活をしていました。仕事にやりがいを感じていたものの、大変なことも多くありましたね。それでもあきらめずに、技術を磨いてきました。

千葉 そのバイタリティが素晴らしいですよね。独立を果たされたのはいつ頃のことなのでしょうか?

鈴木 大学4年生のときに独立して、当社を立ち上げました。そして、大学を無事に卒業してからは、土木工事事業と、道路規制業務に注力しています。

千葉 若い頃に独立を果たされたということですね。

鈴木 はい。独立当初は、若いというだけで苦労することもあったんですよ。現場に行ってもなかなか他社の職方さんたちの輪の中に入れてもらえない、なんてこともありましたね。とはいえ、学生時代から経験を積んできましたし、年上の方々と話すことに苦手意識もなかったので、自分から積極的に職方の方々と交流を図るようにしたんです。そこから仕事の輪も広がり、今では7名の従業員が集まるほどに成長しました。

千葉 努力を惜しまない社長のもとには、これからもたくさんのお客様や仕事の依頼が舞い込んでくることと思います。今後の目標についてもぜひ教えてください。

鈴木 今後も、常に向上心を持ち続け、会社を大きく成長させることができたら良いと考えています。だからこそ、その目標に向かって、これからも技術力を磨き自分自身も成長し続け、質の高い施工を提供してまいります。

GUEST COMMENT

千葉 真子

非常にバイタリティに溢れている鈴木社長。柔道を長く続けられてきたということで、そこで培った度胸や根性がすべて今の仕事にもつながっているのだなと思いました。学生時代から積み上げてきた職人としての経験を生かし、多くの方に認知される企業として今後も成長し続けていってくださいね!


amazonからのご注文
2020年11月号
COMPANYTANK 2020年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、競輪選手の佐藤慎太郎さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 鶴久 政治 駒田 徳広 名高達男 時東ぁみ 宮地 真緒 水野 裕子 杉田 かおる 畑山隆則