• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 一祐 / 訪問看護ステーション粋々大学いろは 代表取締役 高橋 祐子

インタビュー

医療・福祉

簡易学習で脳を活性化

千葉 では、こちらのサービスの内容についても詳しく教えてください。

高橋 当社が運営している「訪問看護ステーション粋々大学いろは」では、病気を患っている利用者様が、病院ではなく住み慣れたご自宅などで過ごせるよう支援しています。看護師である私たちが、利用者様のもとにうかがい、血圧や脈拍などを測定して身体状態の観察をしたり、胃ろうや尿道カテーテルといったチューブ類の管理をしたりしているんです。さらには、リハビリや生活作業訓練を行うこともあります。また、認知症の予防や改善を目的とした高齢者の方々のための学習支援にも注力しており、嬉しいことに地域の皆様からは喜んでいただいているんですよ。

千葉 では、学習支援について詳しく教えてください。

高橋 認知症の方、認知症予備軍の方は、コミュニケーション能力の低下が見られます。優しく簡単な読み、書き、計算をしていただきながら会話を楽しむこと、そしてモチベーションを上げ笑顔で学習していただくことです。例えば、解答が間違えていても100点満点をさしあげて、やる気を失わさず前向きな気持ちを維持していただくことが大切なのです。と言うのも、人間の脳は難しい問題と向き合っているときよりも、簡単な問題を解いているときのほうが活性化されることが証明されているんですよ。

千葉 難しい問題ではなく簡単な問題と向き合っているときに脳が活性化されるというのは知りませんでした。問題が解けないことで頭を悩ませるのではなく問題がどんどん解けたほうが楽しいでしょうし、モチベーションも上がるかもしれませんね。素敵な取り組みだと思います。

高橋 ありがとうございます。そうした私たちの取り組みによって、皆さんの状態が少しずつ改善していく様子が目に見えてわかると、本当に嬉しいんです。

千葉 お話をうかがっていると、社長が生き生きと事業にまい進されていらっしゃる様子が伝わってきます。そんな社長の原動力は何だとお考えかお聞かせいただけますか?

高橋 新しいことに挑戦するのが好きな気持ちが、仕事のモチベーションにつながっていると思います。病院に勤務していた頃から、常に挑戦することは忘れずに仕事と向き合い、介護という未知の世界へ飛び込んだ後も、試行錯誤を繰り返しながら前へ進んできました。当社を立ち上げた際には、新型コロナウイルスの影響を受けてすぐに営業を開始することは難しかったものの、ポジティブな気持ちで準備を進めてきたんです。おかげさまで、現在は多くの利用者様とご家族様に質の高いサービスを提供することができ、喜びの声をいただくこともあります。それが、今の私にとっては何よりのやりがいにつながっていますね。当社のサービスは、私自身のキャリアの集大成でもあります。訪問看護に認知症に対する学習支援を取り入れるのは現状では困難とされていますが新たな挑戦でもあります。施設や在宅での褥瘡ケア、終末期ケアでも安心・安全で安楽なケアサービス提供のために、ケアアドバイザーとして専門分野の認定看護師も在籍させています。スタッフ一丸となって、在宅での認知症予防ケアに邁進いたします。

GUEST COMMENT

千葉 真子

「管理職になっても、私は現場主義を貫いてスタッフや利用者さんと欠かさずコミュニケーションを取り続けています」と語ってくださった高橋社長。温厚でユーモアのあるお人柄も本当に魅力的で、まさに“みんなのお母さん”という印象でした。スタッフさんにとってもこれほど頼もしい存在はいないでしょうし、皆さんで力を合わせて飛躍し続けてください。

1 2


amazonからのご注文
2021年11月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、井上尚弥選手を始め数々の世界チャンピオンを輩出している大橋ボクシングジムの大橋秀行会長と、ボクサーを支援しつつ新規事業「ライフメイクパートナーズ」で躍進する日本リアライズ(株)の大橋孝行社長がご登場。互いを兄と慕う2人が、挑戦の意義や逆境を乗り越える方法について語り合う、“ダブル大橋対談”をお見逃しなく!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 水野 裕子 矢部 美穂 時東ぁみ 名高達男 宮地 真緒 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則