インタビュー

サービス

ウェイポイントパートナーズ

学業修了後は30年以上にわたりIT業界で働く。システム開発などに携わる中で、日本結婚相談所連盟(IBJ)と出合い、相談所の立ち上げを決断。2019年に「ウェイポイントパートナーズ」を立ち上げ、現在は会員の幸福のため精力的に活動している。

ウェイポイントパートナーズ
住所 〒107-0062
東京都港区南青山2-2-15
ウィン青山942
URL https://waypoint-partners.jp/

矢部 結婚相談所「ウェイポイントパートナーズ」の石田代表は、IT業界でもご活躍されているとうかがいました。まずは、結婚相談所を立ち上げるまでの歩みからお聞かせいただけますか?

石田 私は30年ほどIT関連の仕事に就いて、システム開発などを行ってきました。ただ、構築したシステムを実際に利用しているお客様の顔を見ることができないことにもどかしさを感じることも多かったんです。そこで、お客様の反応や喜んでいただいている姿を直接自分の目で見られるような仕事もしてみたいと思っていたんですよ。そんなとき、ちょうど仕事のスタイルが変わり、時間に多少余裕ができたこともあって、起業することにしました。

矢部 事業として結婚相談所を選んだ理由は何だったのかが気になります。

石田 この事業は、私がこれまで携わってきたIT関連事業とつながっている部分があると思ったんです。会員様にお相手を紹介したり、会員様が相性の良いお相手を見つけたりする際には、それぞれの会員様の情報をデータ化したシステムを使用することが多いんですよ。中には、AIを用いたシステムで会員様同士をマッチングさせるシステムもあります。これまでIT業界で働いてきた私ならば、それらのシステムについても会員様へわかりやすく説明できるでしょうし、サポートできるのではないかと。また何より、お客様が幸福をつかむ瞬間に立ち会えるやりがいのある仕事だと考えて、結婚相談所事業を選びました。

矢部 では、代表がこの仕事をするうえで大切にしていることがあれば教えてください。

石田 会員様の“人となり”、そして“人生のバックボーン”を理解するよう心がけているんです。そのため、一人ひとりの会員様としっかり向き合うことを大切にしています。

矢部 会員様に親身に寄り添ったサービスを提供していらっしゃるということですね。丁寧にヒアリングしてもらえると会員様も安心するでしょうし、満足度も高いと思いますよ。

石田 そうであれば嬉しいですね。当相談所を訪れてくださる方々は、皆さん自分の結婚相手を見つけることを目的にしています。でも、それはゴールではなく、人生の本当の目的はそこから先にあると私は考えています。これからも会員様の気持ちに寄り添いながら、本当の目的に向かって一緒に歩んでいける人生のパートナー探しができるよう、きちんとサポートし続けていきたいですね。そういった「赤い糸で結ばれた」パートナーが一人ひとりにきっといるはずだ、と思っていますので。そして、会員様が成婚された後も気軽に遊びに来ていただけるような明るい雰囲気の相談所にしていくことが、今後の目標です。

GUEST COMMENT

矢部 美穂

「これからの時代は結婚相談所を賢くスマートに使っていくべきだと思う」という石田代表の言葉が印象的でした。会員様に寄り添い、二人三脚で婚活をサポートしてくださる代表ならば、きっとベストパートナーとの縁をつなげてくれることでしょう。ぜひこれからも、多くの方に幸せを届けていってくださいね。


amazonからのご注文
2020年11月号
COMPANYTANK 2020年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、競輪選手の佐藤慎太郎さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 鶴久 政治 駒田 徳広 名高達男 時東ぁみ 宮地 真緒 水野 裕子 杉田 かおる 畑山隆則